敬天 愛人 ③

「 けいてん あいじん 」

、、、、、、、、、

自分以外 の

小さな 自分を

包んでくださって

いるかも、しれない、

、、

尊き 何か を

敬い、慕い、憧れ

畏れ、崇め、

、、、

よわい、つまらない

自分自身 を

少しでも

成長、向上 させようと

する、

したい 、、

、、、、、、、

そして、

同時に、

あらゆる 人々 を

たいせつに したい

いえ、せんえつ です、

とうとび たい。

わるぐち、

かげぐち は 言わない

ただ、

少しでも

できることを、

ともに、手伝いたい、

ささえたい。

、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、

、、、、、、、

 平成の

 『 敬天 愛人 』さまは、

 つらい時、

 よく 一人で

 歌ってた そうです 。

 童謡

 『 ふるさと 』です 。

 、、、、、、、、、

 、、、、、、、、、

  ふるさと、故郷、 は

  ある 土地、地域 だけ

  ではなく、

  「 心の 原点 」と

  思って いいかも

  知れません 。微笑

  、、、、、、、、、、

  、、、、、、、、、、

 一番、「  うさぎ おいし

    かのやま

    こぶな つりし

    かのかわ

    ゆめは

    いまも めぐりて

    わすれがたき

    ふるさと 」

   、、、、、、、、、、

 二番、 つづき ます

   、、、、、、、、

    朝、法事です、

    バタバタ と、

    失礼いたします。

     合掌

   、、、、、、

   愚僧 愚忠義

    大合掌

    千万拝

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました