息壺 いきつぼ

「 何でしょう ? 」

「 こつ つぼ、

  骨壺 でしょうか ? 」

 、、、、、、

「 いえ、

  息 の 壺 です、

  だ、そうです 。」

 「 えーー

   ほーー

   おもしろい、けど 」

  「 なるほど ね 」

  「 考えさせる

    わけでしょう か 、

    息 に ついて 。」

  「 そして、

    安息 でしょうか ? 」

  「 ほー 」

  「 なるほど 」

 、、、、、、

  「 何が 入ってるの でしょう ? 」

  「 水晶 です 」

  「 金箔 です 」

  「 さざれ石も 」

  「 ほー 」

  「 心が 落ち着きます 」

  「 ほー 」

、、、、、、、、、、、、

  物心 一如

  だから

  物は たいせつ

  でも

  古来、昔から、

  「 玩物 」がんぶつ

   ものを もてあそぶ、事は

   いましめ、戒め

   られて ます 。

  、、、、、、

  よき 人 との 出会い と

  よき 物 との 出会い も、

  ともに

  大切で ございます ね 。

  、、、、、、、

  物を 粗末に すると

  妖怪に なるそうな、微笑

  、、、、、、

  京都での

 『 物 供養 』の 伝統は

  すばらしい。

  私たちの

  本心 を 保ち

  育てて くれる 行事です 。

   大合掌

  、、、、、、、

   酷暑の 候

  くれぐれも

  ご自愛ください ませ。

   嵐山 残月

   千万拝

   「  花は 物か ? 」は

   「  むう  」

   「  花は 心か ? 」

   「  バカ な  」

   「  花 とは ? 」

      微笑

     大微笑

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました