恩人の法要、②

「 九日 」木曜日

  立松 忌

 ( 寒葵忌 )

、、、、、、、

①、「 四日 」土曜日

、、、、、、、、

  「  ホッケー部の先輩 と 後輩方が

     お参りですよ 」

   ( おお、

     来てくださり、

     来てくれたか、

     皆さん

     ありがとうございます )と。

     微笑

    、、、、、、、

    全日本ホッケー選手権大会 の

    最優秀選手賞 を

    いただいてました。

  「 立松さん

    皆さんと

    大声で

    般若心経 三巻

    供養させて いただきました 。」

   、、、、、、、、、

   、、、、、、、、、

    先生が

    たいせつに

    してくださった

    言葉 。

   『 心を 開き

     魂を 磨き

     命を 味合う 』を

    お伝えいたし

    ました。

    、、

    、、

    ( どういう事ですか? )

    ・ 心を 閉じて

      我を 守らない

      もちつ もたれつ

      支えられ 支える世界

      ある意味、

      信 でも

      ございます 。

      、、、、、

    ・ 現象、

      出来事に

      また、

      自分の

      思い、感情に

      関係のない

      魂 を

      育てる ように。

      そして、

      保てるように。

      安心の 根源 。

      、、、、

     ・ きゅうり

       一口の

       美味しさよ。

       ニンジン の

       美しさよ。

       おだやかな、

       笑顔の

       ありがたさよ 。

       やさしい

       言葉の

       うれしさよ 。

    、、、、、、、、、、、

    愚僧  愚忠

     千万拝

    遠く 関東から

   、、、、、、、

    「 今日が 命日 ですよ

      知らなかったよ 。」

    「 ぐうぜん でも、、、」

    「 先輩に 

      呼ばれた と 思う 」爆笑

      大合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました