四つ ③

「 人生 」

 、、、、、、、、、

③、学芸( がくげい )を

  もって

  性

 ( せい・しょう・さが・たち )を

  養うべし 。

  、、、、、、、、

  学芸 とは ?

  、、、

  自分の事は 、さて置き

  感情・気分・好悪・損得、、、など

  ちょつと 

  離れて

  忘れて

  ゴメンして

  、、、、、、

  身体、精神 から

  ちょつと

  ズレ て

  カラ ( 空 )にして

  、、、、、、、

  、、、、、、、、

  、、、、、、、、

   つづき ます

  、、、、、

   おたがい

   ゆっくり と

   しっかり と

   歩みたいです、

   、、、、、

   むずかしい

   小生も

   、、、、、、、

   むずかしい、からこそ

   『 信 』という

   こと、何か、世界、概念、

   価値、ある精神、

   ある意識、ある心境、を

   、、、、、、

    考察

    探求 し

    確立 したい、

    、、、、、

    と、思い ます。微笑

   、、、、、、、、、、

   、、、、、、、、、、

   この 「 四つ 」を

   思案、提示 した

   人物、先生 は、

   この 山寺へ

   『 和歌 』を

    残されて ます。

   、、、、、、、、、

   『  だいひかく

     うつらうつら に

     のぼりきて

     をかのかなた の

     みやこをぞ みる 』

      ( 八一 )

     、、、、、、、、、、、

     小生の

     愚僧の

     ひらがな 好きは

     この和歌の 影響なの

     かなー。 爆笑

     、、、、、、、、

      大合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました