お月さま から

    雨の中、

    知人が 来てくれました。

    、、、、、、、、、、

    、、、、、、、、、

   「 もう 生まれ変わり は

    いいです、

    どんな 生き物でも

    命の 奪い合い では

    ないでしょうか ? 」

    、、、、、、、

   「  そうですね 。

     そう 気づいた人々は、

      みな、

     輪廻転生 

     (りんねてんしょう)であろう

     命の規則・法則 から、

     どう 逃亡・脱出・解脱

     超越・離脱・・・するか、

     が 人生の課題に、

     なった ようですね。 」

    、、、、、、、、、、

    「 どうしたら

      いいのでしょう か 」

     、、、、、、、、、

     「 ねえ、

       どうするの

       でしょう ね 」

      、、、、、、、、

     「 人間の 責任

       人間の 使命 を

       終え ないと

       無理なのかなー 」

      、、、、、、、、

      「 そんなん

        あるのかなー 」

       、、、、、、、

       「 もう、いや

         もう いい

         ですよ 。 」大笑

       、、、、、、、、

        爆笑

       、、、、、、、

       「 どうしたら

         いいの でょう 」

   「 お月さま から

     自分を 見れたら

     いいのかも ね 」

    、、、、、、、、

    「 どういう

      こと でしょう か ね 」

     、、、、、、、

     「 ねえ 」

       微笑

     、、、、、、、

     つづき ます

     、、、、、、

     嵐山  残月

      千万拝

     、、、、、、、

     月 ひとつ

     月 ふたつ なり

     月 みっつ

      ( 爆笑 )

コメント

  1. 篩月 より:

    「雨中嵐山」、ゆっくりと「生」「死」について話し合い、いいですね。幸せな時間ですね。
    お二方の笑い声が聞こえましたよ、衣笠山で。(笑)

タイトルとURLをコピーしました