三日坊主 ②

「 十二月三日 」

釈尊 開悟成道 に 向かう

一週間間を、一日の如く、修行する 。

だから、寝ない 。

、、、、、

座睡する 。

、、、、、、、

坐りながら、寝る 。

たたかれる、打たれる、、、

、、、、、、

打つも 慈悲

 と、

 思えてきます 。微笑

 、、、、、、

 眠くて 眠くて 座れない 。

 、、、、、

 合掌 して

 先輩に

 たたき 打って いただく 。

 目覚める 。

、、、、、、、

、、、、、、、

三日目、辛苦極まる 。

、、、、、、、、、

がんばれ、ファイト

、、、、、、、、

四日目 から

うそ みたいに

楽に なります 。

 、、、、、

  千万拝

 ( 亀岡より )

 ( 保津川 上流 の 町 )

 、、、、、、、

  なにゆえに

  何故に

  なぜ

  「 坐る のか ? 」

  また、つづき ます 。

コメント

タイトルとURLをコピーしました