無生 むしょう

  「 仏教とは何ですか ? 」

  「 役割は ? 」と

   たずねられました 。

   、、、、、、

   根本的な 問いで

   ございます 。

   、、、、、、、

   「 我が 無い 、という

     教えです 。」

    、、、、、、、

    「 我が無ければ、

      我が無いと、思えると

      我の 問題は

      全て 解決する、という

      教えで ございます 。」

       ( 爆笑 )

     「 笑いたくなる くらい

       簡単、理屈は 無い 。」

        ( 微笑 )

      「 ただ、

        納得して

        解決し、

        『 自分の 尊き

        使命に 目覚める 』

        には、ちょと

        時間が

        かかるかも

        しれません 。

        いえ、

        かかるもので

        ございます 。」

       、、、、、、

       「 菩薩 ボサツ の

         自分に 目覚める と

         いうことで

         ございます 。」

       、、、、、、、、

        「 どういう こと ? 」

       、、、、、、、、

        「 我 が 無い

          自分 が ない、と

          目覚め

          覚悟して、

          それでも

          なおかつ、

          生き続ける という

          、、、、

          矛盾・葛藤

          チグハグ を

          背負い

          強く

          やさしく、

          しなやかに

          、、、、、、

          生きぬく

          ことで

          ございます 。」

         、、、、、、、

         「 どういう こと ?

           なんだか、

           つらそう  」

          ( 微笑 )

         、、、、、、、

         「 そんな ことは

           ございません 」

         、、、、、、、、

         日常生活、

         日常業務、

         日常学習、を

         しながら、

         こなしながら

         幸福に 生きために

         考え 行います。

         、、、、、、

         しなやかに

         たくましく

         いきます 。

         、、、、、

         わー

         できそうに ない、

         だから

         いのり ます。

         、、、、、、

         ごいっしょに

         大合掌

         、、、、、

         つづき ます

         。。。。。。。。

         。。。。。。。。。

         。。。。。。。。。

         『 無生 』は ?

          わすれて ました

         『 長生 』に

          とらわれないこと、

          、、、、、、

          大切なことで

          ございます 。

          、、、、、、

         わたしたちは、

         どなたも

         「 不滅 」を

         もとめます、

         ( 長生 を

           もとめます )

         、、、、、、

         でも、

         どうしても、

         やはり、

         「 真理 」は

         、、、、、、、

         『 不生 不滅 』の

          ような 気が

          いたします 。

         、、、、、、、

         ・ 不滅 と 不生 

         は

         どうしても、

         対、同時、表裏

         なので ございます。

         、、、、、、、、、、

         「 不生 を

           意識した

           生き方 を

           『 無生 』と

           表現できる と

           存じます 。」

          、、、、、、、

          、、、、、、、

          中途半端に

          ならないように、

          あえて

          余計なことを

          語りました、

          ややこしい ですが、

          、、、、、、

          このように、

          一歩一歩

          一手一手

          一言一言

          一心一心

          ていねいに

          生きていると、

          、、、、、、、

          必ず

          絶対、

          神仏の 慈悲心に

          うたれる

          ことに

          なること

          でしょう 。

          、、、、、

          かならず、です

          ここを

          信じて

          いただきたい

          です 。

         ( 微笑 )

          大合掌

         、、、、、、、

          愚僧 愚忠

           頓首

           千万拝

コメント

タイトルとURLをコピーしました