赤いバラ、白いバラ ③

  質問

  「 題目 と

    内容 が

    ちがう みたい

    ( 爆笑 )」

   、、、、、、、、

   合掌

  うれしい 質問への

  愚答 です。

  、、、、、、、

  、、、、、、、

 「 赤いバラ 」は、

 心の 中に

 赤いバラ を

 咲かせたい、という

 意味です。

  、、、、

 または、

 自分自身の

 心 そのものを

 花( バラでも、百合でも

 お好きな 花を )に

 することです

  、、、、、

 安心・安定・満足・充足・・

 の 象徴・シンボルと

 考えたいです。

 、、、、、

  そんな 状態・状況・・に

 なれる わけない、と

 思われがち です、

 そうです、

 この世、今の世界は

 「 末世、末法 」みたいです

 ( 混乱・混迷・修羅・・)

 から、、

 、、、、、、

  でも、求めたい ( 爆笑 )

  どうしても

  どうしても

  、、、、、、、

  (  せっかく

  誕生させていただいたから

  自意識を 自覚

  できたの で

  ございます 、から )

  、、、、、

  でも

  あるのか ?

  ( 可能か ?)

  、、、、、

  あると したら

  何なの さ

  、、、、、、

  古人 いわく

  2500 年 ほど前

  ある 人間が

  「 気がついた 」

   「 歓喜し 大満足した 」

   「 苦悩する

     人間の 生命・心を

     歓喜・満足に 変えた。」

    、、、、、、、

    『  あのくたら

      さんみゃく

      さんぼだい  』

     ( 古代印度語 )

     爆笑

     わかるかー

     わからない、微笑

     、、、、、、、

     、、、、、

      先例が あるから

      1、自分自身に さがす

      2、過去を 学ぶ

        他者を 知る

      3、・・・ ・・・

   、、、、、、、、

    つづきます

   、、、、、、、

   、、、、、、、、

   「 白い バラ 」とは

   皆んなの 真の幸福の

   ために

   命を 心を

   亡くされた、

   無くされた、

   人々の 象徴・シンボルです 。

   ( 人類史 上 )

   、、、、、

   、、、、、

    この初夏、

    白いバラ を

    目の当たりに 

    拝見したので、

    少し 語らせて

    いただきました 。

     大合掌

     千万拝

     、、、、、、、、、

     、、、、、、、、、

     かたちなきものも

     かたちあるものも

     やすらかで

     ありますように

     すべての ある ものが

     すべての いのち が

     すべての こころ が

     そまつに

     されることなく

     たいせつに

     たいせつに

     されますように

     、、、、、

      そのために

      あせらない

      せかさない

      ゆっくり ていねいに

      いきれます ように

     、、、、、、、

      ( できないよ )

      できる

      にんたい、きぼう さ

       ( ないよ )

       だいじょうぶ

       だいじょうぶ

       いっしょに

コメント

タイトルとURLをコピーしました