なかま

 「 6日 」

   この川には

   嵐山 山中から、どんどん

   どんどん 流れこんでいます。

   八十翁 、佳忠(本名)居士

   週一回二回、

   山寺で 御修行・奉仕を

   月一回、数年間 とは

   異なる ご精進。

   頭が 下がります、頓首

   大合掌

   故郷、五島列島の

   高校の同級生です。

   ようこそ、ようこそ、奥さまと。

   お子さま・お孫さま連れて、

   十人以上で

   故郷に 行ってこられたとか、

   すごい

   、、、、、

   できないこと です

   いい ご両親であり、

   ご祖父母さまであられます。

   すばらしい。

   お子さま、お孫さまの

   一生のお宝の ご旅行だった

   ことでしょう。

   新しい なかま です

   「 ゆきのした 」

   そろそろ 開花だそうです 。

   仲間の、

   峨嵋(がび)篩月(しげつ)

   さま より

     合掌

コメント

  1. 筛月 より:

    中国語の名前は虎耳草です。柔らかくて美味しいです。薬でもあるらしい。

タイトルとURLをコピーしました