涅槃会、2

、、、、、、、、、、、、、

  明治時代

  ある修禅者、大居士は、

  死を目前にして

  いならぶ 弟子・門人の 前で、

  坐脱( 坐禅しながら 入定 )

  しようと していたそうです。

  、、、、、、、

  そこへ、

  なかま が 来ました。

  「 俺たちの 親父は

    どうだったか 知ってるだろう 」と

   優しく 語ったという。

   ( 無理するなよな、と )

   、、、、、、、、、、、

   この

   維新 と 禅界の

   大恩人 は 座ったままだった、と

   いう。

   ( 愛弟子が描いた 絵画あり )

   大合掌  

   千万拝

   頓首

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました