亀嵐峡 きらん きょう

   「 4日 」

、、、、、、、、、、、、、、、

    上から 下を 見てます、

    亀嵐峡へ

  、、、、、、、、、、、、、、

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   禅僧には 水にまつわる 話がよくあります。

  、、、

   小僧時代、

   使用した水の 処理・捨て方が 悪いと

   酷く 叱られました、

   後、立派になり

   「 滴水 てきすい 」と 号しました。

   「 一滴の 水 」 すら、粗末にしない、という

    意味です 。

    かの鉄舟( 幕末維新の人 )

    ( 名もいらぬ、金も命も いらぬ )の師匠なり。

   、、、、、、、、、、、、

     水辺で 行脚の僧たちが

    休み 足を 洗ってた、

    「 おい、水は たっぷりだぞ

      もっと 盛大に 使いなよ 」

    「 子孫の ために、残します 」と 。

      この僧の 弟子( 子孫 )たちは

      水に 困ることは

      なかっという 。 爆笑

      ( うそー )( ほんとさ )

   、、、、、、、、、、、、、、

     愚忠  大合掌 

    、、、、、、、、、、

    いい 師匠 であれ

    いい 弟子 であれ 。

    いい 大人 であれ

    いい 子弟 であれ 。

        頓首

コメント

タイトルとURLをコピーしました