「 静寂 」31ー3

  ( せいじゃく )( 静静 )( 成成 )

、、、、、、、、、、、、、

  わたしたち 人間は、

  みんな だれでも

  性質 が 悪い、あまり 善くない

  業( ごう )が 深く 強い

  毒( どく )が 消えにくい、と

  いわれて います。

  、、、、、、、、、

   その昔、

  ある喜劇役者に 

  「 わかっている けど、

    やめられなーい、スイスイー 」

   と、歌え踊れ という 仕事が

   来たそうです。

   、、、、、、

   当人は 悩みました

   こんな 歌詞なんて・・・

   えー

   、、、、、、、

   父親に 相談しました

   「 いい 歌だ

     み教え と 同じだぞ

     やってみろ

     堂堂と 歌えー 」 と。

    、、、、、、、、、、、

    父親は

    戦争中に 「 生きて帰ってこい 」と

    見送り、そして 連行されるという 事の

    繰返しだった 僧侶でした。

    なんと

    気骨ある お方でしょうか 。

    、、、、、、、、、、、

    「 わかっている けど

      やめれない 」

     わたしたち人間が、

    、、、、、、、、、、

     できるだけ

     心 静かに 生きる、には

     どうぢたら よいのか ❓

     「 静寂 」を 味会うには

     どうしたら よいのでしょうか ❓

     、、、、、、、、、、、、、

      つづき ます

     、、、、、、、、、、、、、、

     「 わかっている けど

        やめれない 」ことを

     仏教では

     カルマ、業( ごう )と よんでいます。

    、、、、、、、、、、、

     ある日

     欧米の 高齢の お方から

     「 カルマ とは 何か❓ 

      どうしたら いいのか ❓」という

      質問を 受けたことが

      ございました。

      大切な 疑問、課題で ございます。

     ( 宿題かも、現世に おける、、合掌 )

     、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     午前中 多事で 遅くなってしまい

     ました、すみません

     ( だれも 待ってないよーだ )爆笑

    、、、、、、、

    駄弁、饒舌にして 蛇足、多謝

    されど

     敬と愛と 慈と悲を こめて

     、、、、、、

     嵐山の 渓声を 聞きながら

     愚忠  千万拝

コメント

タイトルとURLをコピーしました