道場( どうじょう )

    座禅堂

    座禅に 集中するために

    多くの 支えが 必要です。

    食事係りが 大変な担当、

    責任ある 重要な役割です 。

    「 座禅に集中する 」ために

     全生活 の 調整が

     大切な修行 で ございます。

     だから 集団生活と

     あいなるので ございます。

    、、、、、、、、、、

      日常生活は

     自分勝手が いっさい 許るされない

     厳しい 酷しい 

     一挙手一投足( いっきょしゅ いっとうそく )を

     見つめ 直す 毎日と

     なるので ございます 。

     まさに 微笑、

     やはり 大笑、

     しかし 爆笑 です。

     自給自足 が 原点 でございます

     また

     托鉢( たくはつ )による

     善意を いだだく 体験は

     人びと、みなさまの

     み仏さまの

     ご慈悲に 包まれる

     きびしくも ありがたい

     修行で ございます 。

       嵐山 忠 、頓首

コメント

  1. 道勝 より:

    私は 土曜で帰ると思いますが 藤原君は 夜通し 拝みたいようなので 良かったら徹夜読経 やらせてやって下さい 合掌

タイトルとURLをコピーしました