山寺・a small temple(7th)

日本の方々 が

  登山・参詣なさって

  くださって います。

  、、、、、、、

   橋から

   川沿いの 道を

   1000 メートル。

   階段・坂道 を

   200 メートル

    ( 二町 ) 登ります。

   、、、、、、、

   400年前の

   日本の 偉人が

   選んだ

   土地・場所・風景・立地

   環境・空間・風水・・・・を

   、、、、、、、

    みなさまに

   味わって いただきたい、

   体験して いただきたい、

   触れて いただきたい、です。

   、、、、、、、

    で、どうするの ❓

   、、、、、、、、

    境内は

    不足 の点

    過剰 の点 が

    ございますでしょう が

    、、、、、、、

    みなで

    よく していきたく存じます。

    よろしく

    お願い申し上げます。

     現住(現在の住職)

     ( 仏法を住持すること

      保持し伝える  )

     「 愚僧の前に、

       お名前が 分かってる

       僧侶が 14人は

       いらっしゃる 

       先人の 労苦の

       おかげで ございます。」

     恩を 忘れないために

     謙虚に なるために

     15代 を

     より 意識したほうが

     いいのかも

     しれない。

     次代 の ためにも。

    、、、、、、、

道忠  千万拝

    、、、、、、、、、、、

  受付 小屋でも、ございます

  ( 受付人の 常住には

   ほど 遠いです、微笑 )

  かの 道心居士 に

  作っていただきました。

、、、、

  禅宗の 旦過寮 の つもり

  でも、ございます。爆笑

   ゆうくれに

   すやすやねむる

   すみれかな

コメント

タイトルとURLをコピーしました