TEACHING OF BUDDHA(0)

まだ、

< BUDDHA – NATURE >で 止まっています。

( 微笑 )( すみません )

どのように 、お話したらいいのか

思案中 で ございます。

< HUMAN – NATURE >と どうちがうのか ?

 、、、、、、、、、、、、、

《 仏性 ( ぶつしょう )》

《 人間性 ( にんげんせい )》と、

どうちがうのでしょう か?

 、、、、、、、、、、、、、、、

 だから、止まっています。

 でも、英文を ちょと、掲載いたします

 もしかしたら、待ってる お方が

 いらっしゃるかも しれない、

 わかりませんが、( 微笑 )

 この ブログ自体も どれくらいの

 お方が 見てくれて いるのやら ?

 存じません、が

 時々、読んでます と 言ってくれるお方が、、

 10人か いや

 どうでも いいです

 天地が お相手です ( 爆笑 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、

 ① LOVING WORDS

ARISE FROM LOVING HEARTS .

   、、、、、

愛語 は 愛心 より 生じる

   さて

   愛心 は どこから 生じるの でしょうか ?

   < 無常 を 知る > こと よる

   無常 を 知る とは

   全ては 消え去る、という事を 自覚する こと

   全ては 愛しい いとしい 。

   、、、、、、、

   < 無我 を 知る > こと

    無我 を 知る とは

    自分は 無い

    自分は 固定した 自分は 無い、と

    知る こと

    どういう こと ?

    色々な 条件・原因・状況・環境・・・に

    よって、作られていると いう事

    いい点も

    優れている かもしれない 点も

    わるい点も

    劣っている かもしれない 点も。

    、、、、、、、、、

    自分は 自分を どうしたら いいのか ?

    < 活かす >

    活かす とは どういうことか ?

    いっしょに 考えたいです

   、、、、、、、、、、、、、、

  ②、 LET GO .

     、、、、、

さあ 行こうぜ

     にぎりしめず

     とらず もたず

     とどまらない

      さあ

    、、、、、、、、

   ③  TO REALIZE MY SHAME

IS COMMENDABLE .

,,,,,,,,,,,

自分の 恥じを 知ることは

      成長の土台であり、

      善き事で あり

      卑屈に なる事では ない。

      古人 曰く

      「 われ ただ 恥を 知る 」と。

     ( ああ なんと 謙虚なのでしょう )

      、、、、、

      『 吾 唯 足 知 』 は

       よく知られた 禅語です。

      ( われ ただ たる を しる )

       どういう こと ?

       いっしょに 考えたいです

       わが よき友よ。

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました