山寺・a small temple(26th)

『 東奔西走 とうほんせいそう 』

 する

『 独坐大雄峰 どくざだいおうほう 』

 のために。

 、、、、、、、、

  沈思黙考 ちんしもくこう のために

  走り回る ( 微笑 )

 、、、、、、、、、、

 敬愛していた 今は 亡き 映画評論家の

 お言葉に

 《 私は 今まで 

   嫌いな人に 会ったことがない 》が

  ございました。

  人は 笑う でしょう。( 微笑 )

  この言葉を 支えている

  愛情・理解したい心・分かりたい心 

  好きになりたい心が、

  すばらしい ので ございます。

  、、、、、、、、、、

  「 いつも どんな映画も

    ほめて ますが、

    よくない 映画も あるでしょう 」

 「  みんな みんな

   いい 所が あるんですよ

   わたしは そこを 見ているのです。」

  、、、、、、、、、、、、、

  「  自分で いい映画を

    つくったら どうですか 」

  「  そうね いいね

    でも わたしは できないの

    たくさんの 人で

    わいわい 作るでしょ。

    体力が 無くて。

    わたしは

    夜は ゆっくり お風呂に

    入りたいの 。 」

  、、、、、、、、、、、、、

   「  ところで

      スターとは なんでしょう 」

   「  それは 個性ですよ。

     個性は まわりに 叩かれます

     たたかれて うたれて

     それでも、つぶれない個性を

     人々は スターと

     いうのですね 。 」

    、、、、、、、、、、、、、

   「  テレビの 解説の後に

     なぜ、サヨナラ・さよなら・さよなら

     と、3回も おっしゃるのでしょうか 」

   「  それはね

     テレビを 観てくれている人は

     お父さん・お母さん

     おじいさん・おばあさん

     おじょうちゃん・ぼくちゃん が

     いるかもしれません

     わたしは

      みんなに サヨナラを

      いってるの 。

     一回だけでは すませられないの。 」

    、、、、、、、、、、、、、、

    「  ユーモア とは 愛情ですね。

      ある大統領が

      宇宙から 生還した 飛行士に

      直接、記念のメダルを 渡そうとしました。

      すると、

      緊張のあまり、彼はメダルを落としてしまいました。

      一同、あぜん、息を飲んだそうです

      すると、どうでしょう

      ユーモア― あふれる 大統領は

      メダルを おもむろに 拾い

      こう語りながら、

      メダルを 渡したそうです。

      《  宇宙の勇者に、『 地上 』から 》

      拍手 喝采 の 渦( うず ) 」

    、、、、、、、、、、、、、、、

    今日は

    大脱走 でなく( ならぬ )

    大脱線 でした。( 爆笑 )

   。。。。。。。。。。。。。。。。

  

    亀嵐峡  碧水湛え  何も無し

     ( 大合掌 )

コメント

タイトルとURLをコピーしました