山寺・a small temple(20th)

さて 紅葉の季節 が 終わり

 新年を お迎えする 準備に入ります。

 と、同時に 冬到来です 。

 以前、お話しいたしましたが、

お正月の 《 迎春 》という 言葉・文字に

50年間 悩み 苦しんで まいりました。< 爆笑 >

 旧暦の 言葉を、新暦で 使っているだけで、

本当の 現実の 季節の 言葉ではない、と

いうことです。< 微笑 >

 、、、、、、、

 子どもの頃、大人に 尋ねなかったのか ?

( バ―カ です )

 花瓶の水 を まだ入ってるのに 

 なぜ、かえる のか ?

 しんせん な 水 でしょう

 なぜ ? と。

 この 疑問も 50年かかってます。< 爆笑 >

 ( あきれ まーす )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

    今秋

     最初で 最後の 紅葉の樹木でした

     ありがとうございました。

     つまり、

     一番、長い間 赤い葉をつけて と

      いうことです。

      わたしたち 人間を

      喜ばしていただきました。

      ご苦労さまで ございました

      お疲れでございますでしょう

      春、新緑のころまで

      お休みくださいませ。

        大合掌

      まさに、

     《 亀嵐峡 紅葉姫 さま 》へ

   

    道心池

   嵐山

コメント

タイトルとURLをコピーしました