TEACHING OF BUDDHA(7)7

Ⅲ-7-7

、、、、、、、

『 朝 できず

昼間に できず

夕 できず

夜に しようと

心に きめる 』

  さて、どうか( 大笑 )

  今、夕刻 です ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、

『  THE CONCEPT OF

AN < EGO – PERSONALITY > IS

SOMETHING THAT HAS BEEN IMAGINED

BY A DISCRIMINATING MIND

WHICH FIRST GRASPED IT AND THEN

BECAME ATTACHED TO IT ,

BUT WHICH MUST ABANDON IT .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

< 我・自分 >という 言葉・概念・思想は、

物事人( 対象 )などを、分別・区別・識別する

< 心 >と 想像され、

これは まず 対象を にぎりしめ、そして執着する

< 心 >で ある。

( これは 本当の < 心 >では ないので、

  あまり 気にしては よくなく )

 放棄・超越 される< 心 >なので

 ございます。

 、、、、、、、、、、、、、、、、

  ( ・ へー そんな、こと言われても

    困るし、わけが わからない。)

 、、、、、、、、、、、、、、、、、

   ON THE CONTRARY ,

< BUDDHA – NATURE > IS SOMETHING

INDESCRIBABLE THAT MUST FIRST

BE DISCOVERED .

IN ONE SENSE , IT RESEMBLES

AN < EGO – PERSONALITY >

BUT IT IS NOT THE < EGO >

IN THE SENSE OF 《 I AM 》OR

《 MINE 》.

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

< 仏性・仏種・

   仏陀( 真理に目覚める )になる

   可能性、素質・仏子  >という

  、、、、、、、、、、、、

 < エゴ・利己心・自分中心 >と

  正反対の < 心 >は、

  、、、、、、、、、

 < われ あり >( 自分は 自分 )

 < わが もの >( 自分のもの )

 という

 考えが 無く

 、、、、、、、、、、、、、

  人生に おいて

  なるべく 早く

  気づき 見つけなけねば、ならない

  < 心 >なので、ございます 』

  、、、、、、、、、、、、、

  ・ このような < 心 >で

   生きていける のか ?

   ばか・あほ では ないのか ?

  、、、、、、、、、、、、、

   今回は

   < BUDDHA – NATURE >

< 仏性・仏種 >という

    言葉・考え・思想・( 真実 )を

    頭に 入れたいと 存じます。

    明日の ために

    未来の ために

    、、、、、、、、、、

    また

  

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました