TEACHING OF BUDDHA(7)⑤

Ⅲ-7-④ は、前回は、

  とどのつまり

『 仏陀 が 仏陀 を 産む 、

  ブツダ が ブツダ を 育てる

  覚者 が 覚者 に 成る

  人 は 人 。  』と、いうことか ?

 、、、、、、、、、、、、、、、

 Ⅲ-7-⑤

『  WE HAVE BEEN SPEAKING OF

< BUDDHA – NATURE >AS THOUGH

IT WERE SOMETHING THAT COULD BE

DESCRIBED , AS THOUGH

IT WERE SIMILAR TO THE < SOUL >

OF OTHER TEACHINGS , BUT IT IS NOT .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

< 永遠に 滅びることが ない >ような

《 仏性 ぶつしょう・仏種 ぶつしゅ・

  ホトケ になれる特質・

  人格が円満にして慈悲深くなれる

  可能性 》を みんな 持っていると

  語ると、

  、、、、、、

   だれもが 語り教える《 我 われ・が 》と

  《 仏種・仏性・・ 》とが、同じであると、

   考えるかも しれませんが、

   、、、、、、

   でも、同じで ないので、ございます。 』

 ( 仏教聖典からの引用です、

   日本語 残月  )

   、、、、、、、、

    重要なので、道歌では ございません

    いや、できるか

   、、、、、、、、、、、、

   「 わたくしは

    わたくしで あり

    でもちがう

    ちがうけれども

    でもおなじなり 」

    ( なんじゃい )

    「 エゴは無い

      慈悲はあるなり

      わが心

      我( われ )は有るのか

      我は( われ )は無いのか

      有るようで 無く

      無いようで 有る

      空( くう )であるなり

      < 思い >を 捨てて

      < 行い >のみ さ

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     むずかしい、

     実践あるのみ

     実践・実行 とは ?

     、、、、、、、、、、、、

     失礼いたします

     「  秋すすみ

        冬はくるのか

        嵐山

        夏をわすれず

        春をもとめず 」

      ( 11月25日 )

コメント

タイトルとURLをコピーしました