満月(14日)

 昨夜は あまりよく 見えませんでした、

 さて さて

 5時半 、ひとり、ひとり、ふたり、ふたり

 なかまが、さんにん

 、、、、、、、、、、、、、、、、

   、、、、、、、、、、、、

  じつに すばらしい お月さまの 出現でした

   「 せっかく ですから 俳句でも 」

   「 えー  」

   「 まあ まあ  」

  、、、、、、、、、、、、、、

  ①  名月や 虫の音ひびき 川のおと

  ②  千光寺 月光浴びて  輝けり

  ③  月を待つ 光を見つつ 愛らしい

  ④  名月や 闇の中から  鹿の声

  ⑤  望月が 心に沁みる  秋の声

  ⑥  名月や 秋風うけて  虫の声

  ⑦  嵐山  名月を見て  嬉しけり

  ⑧  月待ちて 東の山に  赤や月

  ⑨  山の端を じっと眺めて 千の光(こう)

コメント

タイトルとURLをコピーしました