僧堂( そうどう )

本堂 ではない

、、、、、

修行の 僧が

生活している お堂。

( 楽しそう )

( ばかな )

( 地獄 です )

( 大笑 )

( うそー )

( 修行が

進めば 楽に

なり ますが・・ )

( 地獄を 見ます

< 私見 です >微笑。 )

( だから、

極楽 が わかる )

( 爆笑 )

、、、、、、、、、、、、

毎日、

打ちます、叩きます

中心に

穴が 開いたら

祝祭 だそうです

( 知らない、経験ありません )

、、、、、

僧堂( 道場 )は

鳴らし物の 世界でも

ございます。

「 言葉 」が 少ないので

『 音 』で

合図 いたします。

目覚めの

振鈴( すず )の音が

遠くから いや

10数メートル先から

聞こえ始めます

「 あーあ あさか 」

( 爆笑 )

、、、、、、、

ある朝

飛び起き

洗面して 読経へ

途中

星が 見えました

「 ああ

なんで

夜に 寝て

夜に 起きるのか ?」と。

( 超爆笑 )

、、、、、、、、、

獅子 窟

< 鉄舟 大居士 の 文字 >

( 剣・禅・書 の 達人 )

( 幕末 明治維新

天龍滴水 禅師の 門人 )

「 しし 窟 」正面

、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、

大合掌

、、、、、、、、、、、

修行者( 雲水 うんすい )の

集団生活が 保たれているから

『 禅宗 』

存続できていると 存じます。

3年

1000日間 です

最少 期間

、、、、、

1年 でも

、、、、、

山寺の 仲間で

ここでの 数日間の

坐禅を すすめた お方も

います。

今ごろ 世界中の

旅の最中かも

しれません。

彼 曰く

「 あの

うむを

いわせぬ せかい、

・・・・  」

( 大笑 )

、、、、、、、

大合掌

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました