TEACHING OF BUDDHA < 0 >

今、<  50-    >まで

進んでいます。

現在、「 信 」のところです。

むずかしい

型どうり 語るのは たやすい

それでは、

このブログの 意味がない。

、、、、、、、、

仮に 仏教・仏法を

『 教・行・信・証 』という

四段階 が あると するならば

『 教 ( おしえ )』

『 行 ( じつせん )』

までは 言葉 で

伝えることは できる、と思う

( 行は 実践の仕方です )

、、、、、、、

『 信 ( しん ) 』は

行為・実践から 生じるので

自分で

皆と なかま と

いっしょに

行うことが たいせつです。

、、、、、

『 信 』を 語るのは

誤解を 生じかねない

ましてや

『 証 ( しょう )』

( あかし・さとり・あんしん )を

語るのは よくないかもしれない し

実際、正確には 語れない。

その人の

行為・実践・修行・活動・・を

通して

伝えるほか ないのかも

しれません 。

、、、、、、、、、、

これからの

[  TEACHING  OF  BUDDHA  ] は

短めの 英語の文・句 を

引用し 日本語で 解説して

いこうかと 存じます。

( 英語でも、解説しろ )

爆笑

( ほんと だ )

コメント