TEACHING OF BUDDHA( 50-18 )

( 50-17 )< 1月29日  >の

日本語が,できました。

よろしければ

ご覧くださいませ。

( 読みながら

考える、

考えながら

読む。

< 苦 >を 克服するために。

< 向上 >するために。

で、なければ

茶番、遊びさ 。)

、、、、、、、、、、、、

『 SINCE

THEY   ARE   RESTING

IN   THE  BOSOM  OF  BUDDHA

BY  FAITH  ,

、、、、、、、、、、

かれらは、

私たちは、

、、、、、、

《 永遠の何かの

存在を 信じ

その存在を

もとめる 》人びとは、

、、、、、、、、、、

《 永遠なる何かを

自覚し、安心し

全ての存在の

安心・平安のために

存在する何かを

、、、

< 仏陀 >を

信じ、信頼し

お任せも する 》

人びとは、

、、、、、、、、、、、

《 あらゆる

存在からの < 慈愛 >を

感じ、

自らも、

その< 慈愛 >を

発しようと

努める・務める、

その実現を

その可能性を

信じる 》

人びとは、

、、、、、、、、、、、

THEY   ARE   KEPT  FAR   FROM

HAVING   A   SELFISH   MIND  ,

、、、、、、、、、

< 自分・自分だけ >という

我欲・私利の思い・心 を

持てなくなり

保てなくなくなり

いやらしくなり

嫌悪( けんお )して、

、、、、、、、、、

FROM   ATTACHMENT

TO   THEIR   POSSESSIONS  ,

、、、、、、、、、、、、

何かを持ち

所有し

< 自分のもの(物事人理・・)>

である、から

にぎりしめ

だきしめ、

、、、、、

離さない

捨てない

逃がさない

自由にさせない

という

< 執着 しゅうちゃく >

< こだわり >からも

遠くはなれる。

、、、、、、、、、

・愛情、愛着、は ?

また ちがう

、、、、、、、、、、

AND   ,  THEREFORE  ,

THEY   HAVE   NO   FEAR

IN   THEIR   DAILY   LIFE   OR

DREAD   OF  BEING  CRITICISED  .

、、、、、、、、、

だから、

それゆえに

ふだんの 日常生活に おいて

< 不安 も 恐怖 も

イライラ も > 減って行き

「 安らいだ・楽しい気分 」を

保ちやすく、

周りの だれもが

当然、口にする

悪口・陰口・ひはん・・も

あまり 気にならなく なる。

( できが悪くても

私心なく

日々の務めを

こなしている

つもりだから )

< 爆笑 >

< あなたの

言いわけ だ >

< 反省です >

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

SEE   YOU

(      I   am   sleepy    )

コメント

タイトルとURLをコピーしました