酔鴻 忌 ②

( 1月 29日 分です )

( 28日現在、書いてます )

、、、、、、、、、、、

北森 鴻 全仕事 Ⅵ

< 秋永 正人 >

雑文集 完全版

1月 27日 発行

、、、、、、、

なかなか 文章が

書けなくて

迷惑おかけしました。

今回、どうにか

間に合いました。

でも、文では

ございません。

でも、

彼への 思いで

ございます。

、、、、、、、、

ブログにも

掲載させていただきます。

、、、、、、、、

『  しんどう くん へ

いかが お過ごしでしょうか ?

そちらの 世界は

いかがでしょうか ?

快適でしょうか

面白いでしょうか

愉快な日々のことでしょう。

、、、、、

こちらは

北森 鴻という 作家先生の

作品のおかげで

毎日 参詣者が ぞくぞくと

登山されてますよ。

この お手紙を書く時間が

持てないくらい、

対応に 追われています。

( 大笑 )

しんどう くんの

くわだて、たくらみ の

賜物で ございます、

心から 感謝しているからね。

ありがとう、

ありがとうございます。( 合掌 )

、、、、、、、、

それから

お願いが あります、

もし、鴻 先生が

そちらに 向かう気配を

感じたら、必ず

追い返すよう

企んで 下さいませ。

まだまだ

ご執筆をお頼みしたいのです。

山寺復活のために。

( 虫が いいぞ )

、、、、、

それに 愛読者の方々も

次の作品を

首を長ーくして

それはもう 待って

待って待って

待ちくたびれてるので

ございまーす。

、、、、、、、、

そうだ、

万が一、道をまちがえて

先生の愛読者の皆さんが、

そちらの 世界に

向かうことが

ございましたら、

是非、追い返してください、

棒を 振り回してもかまいません

( 微笑 )

わが友、

しんどう くん にしか

できないです、からね。

、、、、、

また

京都の マイナーな

貧しい山寺からの

報告を 伝えますね。

いや

10年後は

おかげさまで

世界中に 響き渡ってるような

メジャーに

なってるかも しれませんぞ

( 爆笑 )

、、、、、、、

お楽しみに

そして

また、必ず 会いましょう。

風邪 引かぬように

ずい君は 元気だからね、

じゃ、チャオ   』

、、、、、、、、、、、、、

< 解説 >

作家 故、北森 鴻 先生

本名は< しんどう くん >です。

小生の 後輩の 下宿に

よく遊びに来ていて

知り合いになりました。

。。。。。。。。。

。。。。。。。。。

ところで、

この冬、

また

インフルエンザが

流行っています

みなさん

無理し過ぎませんように。

、、、、、、、

故郷 五島列島に

母の見舞いに 帰る予定

でしたが、

その病院は

感染防止のため

外部の人々は 入れないそうです。

切符、キャンセルしました

残念ですが・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました