TEACHING OF BUDDHA (0-2)

( 50-12 )

( 50-13 )で

とまってます、

すみません、

年末年始で、バタバタです。

、、、、、、、、、、

( 高校の同級生に

干支の色紙が 送れて

いません、反省反省。)

、、、、、、、、、、、、、

< 50-12・13 >は、

『 信 』( しん )の事だから

むずかしい です。

「 信じる 」という事は

どういう事なのか、

明らかに しないと、

言葉だけで、おわってしまい、

このブログと しては

よくない、ので

遅くなっています。

、、、、、、、、、

英文だけでも、と

今夜思いましたが・・

・・・・

和訳も・・

あかん、進まないぞ ( 微笑 )

、、、、、、、、、、

( 0-1 )の項

悪天気 きわまりなし

たえず 変化している

曇り

晴れ

強風

寒風

晴れ

大雨

曇り

小雨

いやに なる

心が 休まらない

気が 落ち着かない

、、、、、

《 苦 》で ある

変化に 振り回される

いや

、、、、、、、、

もう

気にしない

心を 動かさない

しらない

だから

《 中 》

どちら でもない

晴れ でも 雨でも

知らない

関係無い

わたしは ふりまわされない

どちらでも いい

、、、、、、、、、、、、

これが

《 空 》である

晴れ も 雨 も 受け入れる

寒風 も 熱風 も 受け入れる

気にしない

( 体力 いるなー )

( 気力 いるなー )

、、、、、、、、、

< 空 の 心 > で

全てを 受け入れ事を

『 信 』( しん )と

いえるような 気がします

、、、、、、、、、、、

そして、

ここから

はじまる 事が

「 信 」から

うみだされる

『 慈悲 』の 「 行為 」

なのでしょう。

、、、、、、、

むずかしい

むずかしい

むずかしい

、、、、、、、

「 空 」に 佇む

空に たたずむ、と

慈悲に 包まれている

ことを

、、、、、、、、

感じやすく

なるような 気が

いたします。

、、、、、、、、

慈悲行 も

無私行 も

遊戯行 も

不軽行 も

布施行 も

三昧行 も

・・・

、、、

行いやすい かも

しれません。

、、、、、、、、

ねむい げんかい です

おやすみ なさいませ。

( 推敲してないぞ )

( すいません )

( あした )

コメント

タイトルとURLをコピーしました