TEACHING OF BUDDHA ( 50-9 )

『 NEITHER   IS  IT

A   TRUE  OFFERING

IF  AFTER   THE  ACT

THERE   ARE  FEELINGS  OF

REGRET  OR  OF  SELF – PRAISE ,

A 《 TRUE  OFFERING 》IS

ONE  THAT  IS  GIVEN

WITH  PLEASURE  ,  FORGETTING

ONESELF   AS  THE   GIVER  ,

THE  ONE  WHO  RECIVES  IT

AND   THE  GIFT  ITSELF  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

本当の

《 ほどこし

( 愛情・慈愛・プレゼント

・親愛の情の表われ・・)》は、

、、、、、、、、

行った後で、

後悔( こうかい )したり、

自己満足・自賛 するものでは

ない。

、、、、、、、、、、

《 おこなう 》ことで

喜び、

、、、、、、、

《 おこなう( ほどこし )》

自分自身を 忘れ、

《 おこない 》を 受けた人を

忘れ、

《 おこない

の 内容・贈り物 》を

忘れるもので ある。』

( 仏教聖典からの

引用です、駄駄日本語

残月 合掌 )

、、、、、、、、、

このことは

『 三輪 空寂

( さんりん くうじゃく )』

と言われる。

< 送り手、受け手、その物事・・>

この三つ、三輪に

空寂、こだわるな、と

いうこと。

、、、、、、、、

私たちは、

《 ご恩を 忘れない 》

ことは 当然ですが、・・。

、、、、、、、、

知恩 ちおん

報恩 ほうおん

忘恩 ぼうおん

、、、、、、、、

「 何もすることが ない 」と言う

若者がいる。

ある 96歳の 老翁は

「 報恩 で

オレは 忙しい、

電話で 話せないよ。」

「 はい 」( 微笑 )

、、、、、、、、、

急ぎます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました