知人から

高齢者施設で

ちょと 働いている

知人の 言葉です。

『 結局、

< 自分は

どのように

死ぬか ? >が

気になるみたい 。』

『 この事が

心配というか

不安みたい 』

、、、、、、、、、、

そうです か

むずかしい です。

、、、、、、、、、

ある 時代の 武将は

「 何月 何日 に 死ぬ 」

と、 宣言した 。

皆、できるわけないさ、と 。

、、、、、、、

成し遂げる。

、、、、、、、

晩年、家臣にたいして

悪態をつき、皆に嫌われたという。

、、、、、、、、、

死ぬ前に、後継ぎの 息子に言う。

「 オレは、

近年、皆に嫌われるように

してきた。

オレが、死んだら

皆、オマエを 敬うであろう。

そうで なくては

なるまいて。 」

、、、、、、、、、、、

城内に

《 釈迦の間 》という

お部屋が あったという。

そこでは、

身分・立場・年齢などの

区別なく、自由に

藩( 組織 )のために

意見を 述べてよかった、

という。

実に、すばらしい。

、、、、、、、、、、

禅僧は

「 坐って 死ぬ 」ことを

理想とする。

鍛錬しなくては、

なるまいて< 大笑 >

数十年の 鍛錬か、

できるか < 爆笑 >

・ どなた でも

願っていい事です。

気分が、シャキ とします。

( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、

700年くらい前の京都

ある禅僧は

《 立って 死ぬ 》

その場所は

今でも

もちろん、大切にされています。

、、、、、、、

あ、急がねば

雑談して しまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました