真心( まごころ )⑪

いい人間になり

いい 世の中を

つくりたい。

、、、、、、、、、、

これが

《 真心 》( まごころ )

、、、、、、、、、、、、

「 自分中心の 我欲

エゴ 我利我利亡者

から《 解脱・げだつ 》し、

苦しみ 悲しみ、多い

わたしたち 人類の

《 救済 ・きゅうさい 》を

成し遂げたい 。」

、、、、、、、、、、、

「 そのために、

《 敵・てき 》

《 邪魔者・じゃまもの 》

《 妨害者・ぼうがいしゃ 》

《 悪魔・あくま 》

《 鬼・おに 》

《 わたし

わたしたちを

あなたを

あなたたちを

、、、、、

嫌い< きらい >

憎み< にくみ >

怨み< うらみ >

呪う< のろう >

、、、、、、

《 恐ろしき 存在 》と

戦わ ならない、

君は、勇敢で 立派な

だれもが うらやむ

戦士・兵隊で ある。」

と、

だれかが

囁( ささや )き

叫( さけ )び

語りかけて

くるかも しれない。

、、、、、、、、、

でも、

よく 考えること

あせらない こと

遠く を 見よ

、、、、、

遠く ?

昔のこと であり

未来の ことさ

また、

100 km,  500km,

1000 km , 10000 km ,

100000 km ,

100 0000 km  ,

先の 町の ことさ 。

、、、、、、、、、、

あせらない

いそがない

たちどまれ、

、、、、、、

そういえば

悪い大人は、

若者に

< あせらせ >

< いそがせ >

< たちどまらせない >

考えさせない

疑問をもたせない、

という

わたしたち 人間の

傾向 ・ 性質が

あるみたいです。

長い 長い 過去を

振り返って

みれば、、。

、、、、、、、、、、

用心 用心 ご用心

、、、、、、、

疑問を もったふりして

怠ける 若者も

当然いるでしょう、

彼らを

導くのが、

大人の 仕事 、微笑。

、、、、、、、、、、

型 に 入れる 大人

型 を 破れ 若者

それで こそ

いい 型 が できる。

、、、、、、

大人( おとな )は

型を 作り 残せ

、、、、、

若者に 破壊させる

ために。

、、、、

だから こそ

固い 型

強い 壁 を

つくって くれた 大人に

若者は 感謝するで あろう

《 型・壁 》こそが

人を 人と なす

文化で あるのだから。

、、、、、、、、、、、、、

小生は

むかしから

型に はまらない

若者が 好きである

いつも

思っている

暴れろ あばれろ

もっと もっと

型を こわせ

壁に 体当たりだ

それで いい さ

大人に なるために。

真の 大人に

なるの だから。

、、、、、、、、

( 小生は

寛大な

寛容な

大人に

育てだれてた 気がします。)

、、、、、、

そうだ

ご恩がえし しなくては

ならない。 大合掌

つまり、

寛大・寛容にして

受け入れ

導かなくては

ならない、

どこへ ?

よき トコロ。 大笑

、、、、、、、、

< 天・地・人 >の

響き合う

命( いのち )の世界。

、、、、、、

ここが 原点

ここが 終点。( 爆笑 )

、、、、、、、

途中は ?

・ 活かせ 命

・ 活かせ 心

・ 活かせ 我( われ )

どこで ?

先ずは

足元 から

、、、、、、

足元は いや

うん

指 先は ?

近すぎる

ふー

そうだ

一人になり

本を 読むこと

遠い世界へ

一人は イヤ

みんなで 読むか

・・・・

どうしよう

、、、、、、、、、

つづき ます

、、、、、、、、、、、、

また

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました