TEACHING OF BUDDHA ( 47 – 9 )

『 THIS   IS   A   FABLE   IN   WHICH

<   ANTHILL  >  REPRESENTS

<   HUMAN   BODY   >  ,

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

この寓話( ぐうわ )の中の

< 蟻塚( ありずか ) >は

わたしたち

< 人間の 身体 >を

表現 している。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

<   BURNED   IN  THE   DAYTIME  >

REPRESENTS   THE   FACTS    THAT

THAT   DURING  THE   DAY

PEOPLE  TURN   INTO   ACTS

THE   THINGS

THEY   THOUGHT   ABOUT

THE   PREVIOUS   NIGHT   .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

< 昼間に 燃えている >

ということは、

昨晩に 考えたことを

日中に 行動している 事実を

表現しています。

、、、、、、、、、、、

<   SMOKED   AT  NIGHT >

INDICATES   THE  FACT   THAT   PEOPLE

DURING   THE   NIGHT   RECALL

WITH   PLEASURE   OR   REGRET

THE   THINGS    THEY    DID

THE   PREVIOUS   DAY   .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

< 夜に 煙っている >

という事は、

昼間に した 行いに

ついて、喜んだり、後悔したり

思い出すというを、

表現しています。  』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語 嵐山残月、後で )

、、、、、、、、、、、、、、、、

鐘楼へ

龍神 さま

宇賀神将 さま

、、、、、、、、、、、、、、

また

コメント

タイトルとURLをコピーしました