TEACHING OF BUDDHA ( 47-1 )

『 THOSE   WHO

SEEK   THE  WAY  OF  ENLIGHTENMENT

MUST   ALWAYS   BEAR   IN   MIND

THE   NECESSITY   OF  CONSTANTLY

KEEPING   THEIR   BODY  ,

SPEECH  AND   MIND   PURE  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

《 さとり 》

《 身心 の 安楽・軽安 》

《 命と心 の 歓喜 》

、、、、、

《 超生 脱死 》

《 大悲 無倦 》への

、、、、、

道・方法( 手段・行き方・

進み方・心がけ・

日常生活の 過ごし方 ・・ )を

探し求めている

( 尊き )人びとは、

いつも、常に、あることを

保( たも )ち、続けることが

必要なので ございます。

、、、、、、、、、、、、

それは、

< 身体の 行い >

< 言葉の 行い >

< 心の 行い >の

三つ 《 行い 》

純粋に、清く、

汚れてなく、

混じりけが 無いように

しなくては ならない、

ので ございます。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

IF   THE  MIND  BECOME  IMPURE ,

FOR   SURE  ,   ONE,S  DEEDS

ARE   IMPURE .

IF   THE  DEEDS   ARE   IMPURE  ,

THERE  WILL   BE   SUFFERING  .

、、、、、、、、、、、、、

もし、

私たちの< 心( の行い ) >が

純粋( じゅんすい )でなく、

清らかで 無くなったら、

もちろん ながら、

< 身体の 行い >は、

( 同じように )

純粋で無く、

清らかで 無くなって

行くのでございます。

、、、、、、、、、、、、

< 身体の 行い >が

そのように 成っていくと、

《 苦しみ・悩み ( くのう )、

煩( わずら )い

悲しみ 》 が、

自分自身の 後を

付いて来て、

避けることが できなく

なってきます。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

SO   IT  IS   OF

THE   GREATEST   IMPORTANCE

THAT   THE   MIND   AND

THE   BODY   BE   KEPT  PURE  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

だから、

それ故に、

《 心の 行い 》

《 身体の 行い 》を

純粋に、清く

保つ ということが、

もっとも 絶対的に

大切・重要な こと

なので ございます。 』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄 日本語、解釈、

嵐山 残月、合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、

・ 清い 行いとは ?

なんだろ ?

たくさん ありそう

ふーん

ただ

自分自身が

< 苦しく >なければ

いいのかも 。

・ 正直で

素直な

《 自分自身 》が

必要みたい

・ 自分を ごまかさない

なるほど

、、、、、、、

・ < 純粋 でなく

清く もなければ、

どうしたら いい ? >

、、、、、

簡単さ、

反省し 懺悔し

つぐなったら 、いい

つづき ます。

、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、

カメラの あるボタンを

動かした みたいです。

サイズが 大きくなってました

この ブログに 載らない

みたい です。

反省、せっかくの

《 法話会 》でしたが、・・。

( 工夫・操作してみます )

いつも、ありがとうございます

合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I    LOVE   YOU  ,  YOU   >

JOIN   OUR   HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

SEE   YOU   ♬  ♬♬ ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました