空( くう )⑤

空( くう )観( かん )

、、、、、、、、、、、

・ものこと の 観方

・物、事、人、理、・・・に

対する 心がまえ

の 一つ

、、、、、、、、、、、、、

ふしょう ふめつ

不生 不滅

うまれない  ほろびない

、、、、、、、、、、、、、

ふく ふじょう

不垢 不浄

あかつかず  きよくない

、、、、、、、、、、、、

ふぞう  ふげん

不増  不減

ふえない  へらない

、、、、、、、、、、

ふじょう ふだん

不常  不断

つねでは ない  とぎれない

、、、、、、、、、、、、、

ふきょ ふらい

不去 不来

さることはい  くることはない

、、、、、、、、、、、、、

ふく  ふらく

不苦  不楽

くるしくない たのしくない

、、、、、、、、、、、、、

ふいち ふい

不一  不異

ひとつでない ことなっていない

、、、、、、、、、、、、、

ふこ  ふしん

不子  不親

こにあらず おやにあらず

、、、、、、、、、、、、

・・・・  ・・・・

・・・・  ・・・・

、、、、、、、、、、、、、

・・・・  ・・・・

・・・・  ・・・・

、、、、、、、、、、、、、、

空観( くうかん )とは

何か ?

、、、、、、、、、、

人間が、

この 苦しみ・悲しみ

多い この世に おいて

個人・家族・親族・地域

社会・学校・職場・

国・アジア・世界・

( 宇宙 ?、微笑 )

に おいて、

、、、、、、、、、、、、

さわやかに

たくましく

生き続ける ための

《 智慧 》( ちえ )

である。

、、、、、、、、、、、、

議論の ための

議論を 超え

言葉の 縛りを のりこえ、

、、、、、、、、、

前に 向かい

全力で 進めるための

《 心がえ 》の

ような 気がいたします。

、、、、、、、、、、、、、

『 こだわり に、 生きて

こだわり を、  すてる 』

( 大笑 )

と、いう わたしたち 人間の

生き方の

支え・哲学・論理・・

に、なりそうです。( 微笑 )

いえ、

なります。

。。。。。。。。。。。。。

・ 私見、我見、利己 からの

発想・論理・思想・・ではなく

アジアの

インド・中国・朝鮮半島・日本へ

伝わってきて 理解され

認められ 発展してきたもので

ございます。

大乗仏教と よばれるものは

全て この《 空観 》から

生まれて 来ていると

いわれています。

・ 両極端と 思われがちの

浄土宗 も 禅宗 も、

この 空観から

生まれてきています。

歴史的には。

、、、、、、、、、、、

わたしたち 個人的には

いかがでしょうか ?

このブログは

浄土 と 禅 ともに

理解し 実践する

つまり

全ての 宗派をも

理解し、

全ての 世界の宗教を

理解し、

。。。。。。。

全ての 個人個人 の 幸福と

全世界の 幸福 平和を

願い 実践し、

実現へ 挑む、

ための ものでございます。

、、、、、、、、、、、、、、

また、

『 現代 国際 世界 』に

おいて、

< 一つに、 こだわらない >

つまり

< 正しさ >に こだわらない

< まちがい >に こだわらない

絶えず

よりよさ を もとめて

向上して 行きたいもので

ございます。

、、、、、、、、、、、

< 正しさ >に

正確には

< 一つの 正しさ >に、

こだわらず とらわれず、

< 一つの まちがい >に、

こだわらず とらわれず、

、、、、、、、、、、、、

前進です、 ?

調和を 広め 深めたい

もので ございます。

、、、、、、、、、、、

きっと、

不進  不退

( ふしん ふたい )

が、あるでは ないか ?と、

おっしゃる かも

しれない 、

われらが 《 空観 》から。

、、、、、、、、、、

( 爆笑 )

だから、前進さ

不進 から 不不進 さ

これが

《 空 》さ 。

あほです、

あほさ ( 微笑 )

すべて を あいするぞ ( 大笑 )

、、、、、、、

この 心で、 進む ( 爆笑 )

、、、、、、、、、、、、

また

、、、、、、、、、、、、、、

桔梗( ききょう )

姫百合( ひめゆり )

・ 日本的 ?

沙羅双樹( 夏 椿 )が

咲きました。

先日の 海外法話 の時

近くの 花屋さんが 寄進して

くださいました。

大合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、

花 語らず

水 語らず

( 反省 )

、、、、、、、、、、、、

失礼いたします

末筆ながら

よき一日で

ございますように。

、、、、、、、、、、、、、、

後で、

大きく 書きますが

6月 25日( 月 )

お休み です。

大悲閣道( 川沿い )の

一部分の

落石止め 工事のためで

ございます。

ご理解のほど

よろしく 御願いたします。

、、、、、、、、、、、、、

今回 思いました

ヘリコプターは 無理だから、

せめて、

寺院専用の 船も

必要だなーと。

( 直ぐは 無理 ですが )

、、、、、、、、、、、、

もし、道が 使えなくなったら

通船さんに お願いして

定期船 を 出したいと

存じます。

( こりゃ いい )

、、、、、、、、、、、、

昨日、

托鉢用の 網代笠を

30年ぶりに 新調

御参りが、

無くなったら

できなくなったら、

《 渡月橋 上 で、乞食です 》

その 覚悟です。

、、、、、、、、、、、、、

『 橋上 托鉢

中之島 法話 』が

できるように

なることが

一つの 目標でした、が、

できてなかったが・・

近づいて きたかな ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、

法話 説法

辻( つじ )、

公園で

そうとうな

実力が 必要でしょう

また、

愚僧の

人間・心にたいする

理解度が 高くなければ、

できない。

慈悲心も深く

人間愛に 満ちていなければ、

、、、、、、

おそらく 忍耐も

。。。。。。。。。。

失礼いたします

再会

コメント

タイトルとURLをコピーしました