質問箱(5月22日)⑤

この 質問・問題に

たいする 小生の結論を

話したいと存じます。

、、、、、、、、、、

わたしたち 人間は

どなたでも 《 幸福 》を

もとめます。

その幸福を

《 どこに 何に 》

もとめるか ?が、重要です。

つまり、

< 生き方 >

< 生活態度 >

< 姿勢・心の持ち方 >

< 仕事ぶり >

< 人間関係 >

< 話し方 >

< ・・・ >などに

かかわります。

、、、、、、、、、

人生に おいて

自分の生活 に おいて、

①《 する 》「 行為 」

②《 もつ 》「 所有 」

③《 ある 》「 存在 」の

どれを

優先・大事・大切・尊重・・

して 生きていく のか ?

、、、、、、、、、、、、、

「 行為 」と

「 所有 」も 大切である、

でも、わたしたちは

「 存在 」

つまり、《 ある 》事に、

《 幸福 》を 見出さなければ

、、、、、、、、、、

いつまで たっても

外界・現象・社会・

学校・職場・家族・親戚

友だち・持つ持たない・

できるできない ・・・

などに

振り回されて

、、、、、、、、、、

人間に 生まれて

「 大《 幸福 》 」を

味会わないで

死んでしまう、ことに

なります。

、、、、、、、、、、、

どこかで、

< する >こと

< もつ >こと、

から

< ある >ことに

、、、、、、、、、

心の 置き方を

、、、、、、、、、、、

変えていかなければ

ならないと、

存じて ございます。

、、、、、、、、、、、

むずかしー のでは

方法・ 対策 などは

ともに 考えたと

存じます、

しかし、

《 ある 》「 存在 」に

おける < 幸福 >の

思いは、

人間・人類、

古人・先人 が いらっしゃい

ます。

、、、、、、、、、、、

また、 つづき ます。

末筆ながら よき一日で

ございますように

愚僧 萬拝

山法師 百子丸、合掌

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました