TEACHING OF BUDDHA( 45- 12 )

『 ONE   WHO  IS

TO   ENJOY   THE  PURITY  OF

BOTH  BODY  AND  MIND

WALKS   THE  PATH  TO

BUDDHAHOOD ,

BREAKING  THE   NET  OF  SELFISH,

IMPURE  THOUGHTS   AND

EVIL   DESIRES .

、、、、、、、、、、

「( 身 と 心 )の

< 清らかさ >を 楽しむ 人 」は、

< 仏さまと いっしょに >

人生を 歩んでいる ような

生活しているような 感じで

ございます。

、、、、、、、、、

・< 仏さまと いっしょに >とは

どういう事なのか ?

微笑、おもしろい、

わからない

じょじょに

あせらない

わからないことに、耐えること、爆笑

でも、あきらめない

、、、、、、、、、、、、

< 仏さまと いっしょ >とは、

自分の利益が 中心でなく

自分の快楽が 中心でなく

わがまま でなく

欲望が 自分のためだけでなく

できるだけ、多くの人々と

いっしょに ということである。』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語、残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、

・ 純でない 思いとは ?

悪い 欲望とは ?

自己本位、

自己とは ?

( またか )爆笑

、、、、、、、

・ 何を 食べてるのか ?

これが 私 なのか ?

何を 語ってる ?

これが 私 なのか ?

、、、、、、、

そうで あります。

、、、、、、、、

・ 自分で 自分を

ごまかさない こと。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

たたき たたいて

穴 あけるまで

たたき たたいて

我を ぶちこわせ

( ある禅道場 )

朝夕、打ち鳴らします。

、、、、、、、、、、、、、、、

笹 ユリ 百合 です

山芍薬 です

半夏生も 側

鳥兜 とりかぶと

この 三種は 鹿が

食べないと いいます。

( 花の師匠が

教えてくださいました )

、、、、、、、、、、、、、

また

コメント

タイトルとURLをコピーしました