TEACHING OF BUDDHA ( 44-8 )

『 THE   HUMAN   MIND   IS

ALSO   IMPERMANENT   AND

SUFFERING  ,

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

わたしたち、《 人間の 心 》も

《 人間の 肉体 》と 同じように、

移り変わって 行くもので、あり

常なる ものではない、

そして

( だから )

《 心 があるの は、苦しみ 》である。

、、、、、、、、、、、、、

IT   HAS   NOTHING   THAT

CAN   BE  CALLED

《 AN   EGO –  PERSONALITY   》.

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

( だから )

( そして )

、、、、、、、、、、

《 自分 》

《 我欲 の かたまり 》

《 自己中心性 》

《 エゴ・私欲の 自分 》と

名前をつけて

呼べるような

《 もの 》は、ない 。』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語・解釈、残月 合掌 )

、、、、、、、、、

・ かりに

呼んだとして

答える 《 もの 》は、

、、、、

錯覚( さくかく )

誤解( ごかい )

妄想( もうそう )

幻想( げんそう )

なので ございます 。 < 大笑 >

、、、、、、、、、、

有っても、

無い ので ございます。

、、、、、、、、、

有っても

本来、無いので ございます。

、、、、、、、

有っても、

苦しみ だから

有ると とらえない

だから 無いと とらえる。

、、、、

でも、有る。( 大笑 )

、、、、、、、、

ほんとうか ?

ほんとうさ

うそー < 爆笑 >

。。。。。。。。。。。

ここの 場合

( 引用の 文章 ) の

《 心 》とは

《 思い 》で あり、

《 心 》では ない、ので

ございます。

《 心 の 一部分 》の

お話なので ございます。

、、、、、、、、、、

私たちは、

自分自身の 中で

《 心 》と《 思い 》と

分けて 観ることが

できるでしょうか ?

、、、、、

つまり

《 変化 する 心 》と

《 変化 しない 心 》を

見分ける ので ございます。

、、、、、、、、

また、わからなく なって

きたぞ。< 大笑 >

でも、ここが 大切です。

、、、、、、、、、、

つづき ます。

、、、、、、、、、、、、

今日、珍しく

境内から《 小川 》が

見えました。 歓喜なり。

咲き始めた、枝垂れ桜を

愛でる 若者たち。

、、、、、、、、、、、、、、

中学卒業、

おめでとうございます。

「 ホテルに 泊ります 」

「 いいね 」

「 親の 承諾書が いります。」

「 へー、知らなかった 」

また ね

、、、、、、、、、、、、

久しぶり、ようこそ

ありがとう

、、、、、、、、、

お写経です ( 無料 )

いいぞ

10巻、100巻だぞ

もちろん、やってるぞ 100巻。

旦那さま

愛犬介護、丸一年

大合掌

若者たち、いいぞ

また、おいで

、、、、、、、、、、、、、、

つづき ます

末筆ながら

よき一日で ございますように

愚僧 萬拝

コメント

タイトルとURLをコピーしました