TEACHING OF BUDDHA( 44-5 )

『 IF   THE   MIND  WERE

《 AN   EGO- PERSONALITY  》,

IT  COULD   DO   THIS  AND   THAT

AS   IT   WOULD   DETERMINE  ,

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

もし、心が

《 我・我欲・自己中心性 》で

あるならば、

《 我・われ・自分 》の

思いの ままである、

このように 思いたい

あのように 思いたいと

自由自在である 、

、、、、、、、、、、、、、

BUT

THE   MIND  OFTEN   FLIES  FROM

WHAT  IT  KNOWS   IT  RIGHT   AND

CHASES   AFTER   EVIL   RELUCTANTLY .

、、、、、、、、、、、、

しかし、

善、 よいことを 思っても

すぐに 飛んで消え、

悪 、わるいことを 思いたく

なくても ズルズル 思って

しまう。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

STILL  ,  NOTHING   SEEMS  TO

HAPPEN   EXACTLY    AS  ITS

《 EGO –  DESIRES  》.

、、、、、、、、、

このように、

《 我欲・自己中心性 》

《 勝手気まま 》

《 自分の思いのまま 》に

実際、たしかに、

< 自分の 心 >は

成らない。  』

( 仏教聖典からの引用です、

駄駄日本語・解釈、残月 合掌 )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

・ しかし、また、

不思議な事に

空( 無我・無常 )

( < 自分の思い >に

こだわらない・執着しない

物・事・人・・・に

対する 見方 )

を 自覚すれば するほど、

なぜか、

主体的に

従属的でない 自由に、

なれるような

気が いたします 。

ほんとうに、

不思議な事で ございます。

、、、、、、、、、、、、

何故 なのでしょうか ?

、、、、、、

ここが、

わたしたち 人間の

< おもしろい > ところであり、

< 尊さ >であり、

< 人工頭脳 >には

感じきれない ?

《 よろこび 》と

《 安心 》が

あるような 気がいたします。

、、、、、、、、、

また

。。。。。。。。。。。。。

、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、

SEE  YOU

コメント

タイトルとURLをコピーしました