TEACHING OF BUDDHA ( 44-3 )

『 IF  THE   BODY  WERE

《 EGO –  PERSONALITY  》,

IT   COULD   DO   THIS   AND

AS   IT   WOULD   DETERMINE  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

もし、

この 身体

この 肉体

この 筋肉・脂肪・骨・神経

血液・唾液・内蔵・脳・・が

< 我・私・自己中心性 ・・>で

あるならば、

< わたし >の 思うように行い、

思いの ままで あるので、ございます。

、、、、、、、、、、、、、

A  KING   HAS   THE   POWER

TO   PRAISE   OR   PUNISH   AS

HE  WISHES  ,   BUT   HE  BECOMES  ILL

DESPITE   HIS  INTENT  OR   DESIRE   ,

HE  COMES   TO  OLD   AGE

UNWILLINGLY  ,

、、、、、、、、、、、、、

王さま は

治めている

守っている

支配している、

その 領地・範囲・・において

彼の 思い・意志 のまま、

そこに 住む人々を

ほめたたえたり、罰を あたえたり

することが できる、

能力・ちから・権力・

強制・命令・支配力・

力( ちから )を 持っている。

、、、、、、、

しかし、

求めない のに < 病気になり >

望まない のに < 老化していく >。

、、、、、、、、、、

AND   HIS   FORTUNE    AND

HIS  WISHES   OFTEN   HAVE   LITTLE

TO  DO   WITH   EACH   OTHER  .

王さまの

これからの 運勢も

色々の 願いなども

このように

「< 自分 >の 思いの まま」

ということは ない、ので

ございます 』

( 仏教聖典からの 引用です

駄駄日本語・解釈、残月 合掌 )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

(   日本語は 後で )

( 17日 土、なりました、

反省。 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

( 大笑 )

なんだ これ

陳腐 ?

「 私 は 水 」

この 次は どうしよう ?

「 君 は 愛 」 ( 爆笑 )

、、、、、

しかし、どんな 意味 ?

深いな― 意味 ( 大笑 )

うそー

ほんとうさ

、、、、、、、、、、、、、、、、

明治期 の 客殿なり

、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、

河津桜

乙女椿 です

ほんとうか ?

咲きます ように。

、、、、、、、、

 

つづき ます

コメント

タイトルとURLをコピーしました