TEACHING OF BUDDHA ( 43-4 )

『 《 THE  CHILDREN   OF  BUDDHA   》

ADOPT

《 HIS   TASK   OF

ENLIGHTENMENT    AND

PURIFICATION   》,

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

《 仏さま の 子 》

《 み仏さまを 敬慕する 人 》

《 覚者に なろうと

道心を 持ち保つ 人 》

《 人々の 幸福を 願うひと 》

《 ・・・・・・ 》は、

、、、、、、、、、、、

その 《 お さとり 》

《 無常・無我・空・光明 》と

《 人々を 慈悲・光明、

無限の 永遠の

< やさしさ・めぐみ >で、

清め 浄化し

< おさとり >

( 絶対の 安心・やすらぎ )

へと 導く ・みちびく 》という

お仕事・使命 ・・を

受け継ぐので ございます。  』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語・解釈、

嵐山 残月、大合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、

ひとはみな

かみのこ なのさ

そしてまた

ほとけの こども

ほしの くずかな

、、、、、、、、、、

でも われら

かみを わすれて

あらあらら

ほとけを しらず

ほしを かんぜず

、、、、、、、、、

さあ ここで

わたしあなたは

いかがせん

くるしかなしは

どうしようかな

、、、、、、、、、、

同じ川 ひかりともに

色かわる

、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、

SEE   YOU

コメント

タイトルとURLをコピーしました