《 ある裁判が、おわる 》④

わたしたち 、

人間は 尊い

なぜならば、

自分自身の ためだけ、

には、生きていけない。

、、、、、、、、、、、

《 自分 》を

《 我 が 》を

《 私、中心 》を

、、、、、、、、、、、、

捨てたい

いやだ

嫌いだ

、、、、、、、、、、

と、思い 願う、

尊( とうと )さ

貴( とうと )さ

が、ある 。

、、、、、、、、、、、

この 大犯罪は

わたしたち 人間の、

すばらしい 若者の、

《 尊貴 そんき 》を

、、、、、、、、、、、、、

破壊 した

利用 した

、、、、、、、、、、、、

わたしたち

人間社会は このような

《 大犯罪 》を

起こし つづけている。

、、、、、、、、、、、、

わたしたちは、

どうしたら いいのか ?

どのような、

心がまえで 仕事をし

勉強し

みんなと 生きたらいいのか ?

、、、、、、、、、、、、

何を < 信じる >のか ?

何に < 自分を 捨てる >のか ?

、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、

なぜ、あやまって

しまったのか ?

、、、、、、、、、、、

< 信じること >と

< 願うこと >は、一つである、

けれど、

< 信じる >ことだけで、

< 願い >が よくない 。

、、、、、、、、、

わたしたちは、

何を < 願う >

べきなのか ?

、、、、、、、、、、

つづき ます

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど、敬と 愛と ともに

嵐山 残月、合掌

、、、、、、、、、、

水が 凍る

心は 燃える( 爆笑 )

( うそー )

( うそ でも ほんと )大笑

靴を はこうかなー

もう、限界 ( 爆笑 )

コメント

タイトルとURLをコピーしました