《 ある裁判が、終わる 》③

人間は 尊い

人間は すばらしい 、と

小生は 思っています。

、、、、、、、、、、、

どこが、

尊く・すばらしい のか ?

、、、、、、、、、

わたしたちは、

醜( みにく )い

争( あらそ )い

ばかり しているでは

ないか ?

< 生命 >の世界は、

< 弱い 命 >が

< 強い 命 >に

《 飲み込まれ、噛み砕かれ、

消化され、そのものの

個体の 一部にされている 》

では ないか ?

、、、、、、、、、、、、、

人間の どこが 尊いのか ?

< 生命 界( 世界 )>と

私たちは、同じでは ないか ?

、、、、、、、、、、、、、

それが、ちがう ので

ございます。

、、、、、、、、、、、、

人間の 命は

《 我 ( が )》を

意識する・自覚する。

、、、、、、、、、、、、

しかし、

《 我 》( われ ・自分 )は

楽しいようで、

楽しくない。

、、、、、、、、、、、、、、

だから、

《 無我 》《 真我 》

《 大我 》を 語る 説く

、 宗教文化に

関心をもつ

ことが 多い。

、、、、、、、、、、、

《 我 》に

苦しみ・悲しみ・もがく 心には

《 神仏 》は

まぶしい。

、、、、、、、、、、、

つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、

冷蔵庫の 世界、

命は 凍る

心を 燃やせ

「 はーい 」( 爆笑 )

、、、、、、、、、、、、、

ようこそ

ご卒業、ご就職

おめでとう ございます。

「 空の 心で、

天下の ために 」

爆笑、おおざっぱ すぎる

なら、

「 一日一善 」

おおざっぱ 、微笑

反省・反省

、、、、、、、、、

つづき ます

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました