TEACHING OF BUDDHA( 42-13 )

『 《 FAITH  》FREES   ONE

FROM   THE   BONDAGE  OF

CIRCUMSTANCE  ,

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

《 信 》は、

《 何か よきものを

信じること 》は、

《 無限なる もの、

永遠なる ものの

存在を 、

< みとめ >・

< もとめ >・

< ねがい >・

< うやまい >・

< あこがれ >・

< もとめる >・

< いのる >事 》は、

、、、、

自分自身の

今の

< 環境 >( かんきょう )

< 状況 >( じょうきょう )

< 境遇 >( きょうぐう )

< 状態 >( じょうたい )

< 立場 >( たちば )

< 義務 >( ぎむ )

< 責任 >( せきにん )

< 関係 >( かんけい )

< ・・・ >( ・・・ )に、

、、、、、、、、、、

しばられない、

支配されない、

振り回されない、

圧倒されない 。

< 自由 に する >。

< 解放 する >。 』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語・解釈、残月 )

、、、、、、、、、、、

< 環境 >から

( 逃げる 、という事 )

( 逃避 とうひ )

では、ない 。

ここも、

重要なので つづけます。

、、、、、、、、、、、、、

《 信 》を

もつと 、

何故、< 自由 >に

なるのか ?

、、、、、、、、、、、、

え ?

信じることは、

何かに とらわれ

支配され

自分を 見失うことでは

ないのか ?

< 大笑 >

< 爆笑 >

、、、、、、、、、、、、

五年かかった

鐘楼屋根などの修理、

この春、完了。

《 萬歳 》

、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、

また、後で

すみません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました