TEACHING OF BUDDHA (41-11)

『  THERE  IS   AN   OLD  SAYING  ,

《 KEEP  YOUR   MIND  LEVEL  .

IF   THE   MIND   IS   LEVEL  ,

THE   WHOLE  WORLD

WILL   BE  LEVEL  .》

(   41-10  )

、、、、、、、、、、、、、、、、

CONSIDER   THESE   WORDS  .

REALIZE   THAT

ALL   THE  DISTINCTIONS

OF   THE   WORLD    ARE   CAUSED

BY   THE   DISCRIMINATING   VIEWS

OF  THE   MIND  .

《 水平 》

( 無差別・平等・和平・満足 ・・)

についての、

先ほどの 言葉( 41-10 )を

よくよく 考えてみると、

思い巡らしてみれば、

、、、、、、、、、、、、、、

この世界への

差別< 観 >( さべつかん )は

わたしたちの 心の中の

差別< 心 >( さべつ しん )が

産み出し 育てている と、

よく 理解し 納得できた。

、、、、、、、、、、、、

なんのことやら ?

わたしが、

物・事・人・理・・・を

( いい・わるい ) とか、

( 損 ・ 得 )

( 善 ・ 悪 )

( 男 ・ 女 )

( 動物 ・ 人間 )

( 生物 ・ 物品 )

( 神 ・ 悪魔 )

( 美 ・ 醜 )

( 、、、 ・ 、、、 )とか

区別しているから、

、、、、、、、、、、、

この世の中は、

この世界は 、

わたしの 回りは、

自分の 境遇は、

( いい ・ わるい )

( 善 ・ 悪 )

( 損 ・ 得 )

( 美 ・ 醜 )

・・・・・に

満ち溢れ

その 区別 ・ 差別・・で

その 優劣 で

その 格差 で

、、、、、、、、、、、

自分自身 と

自分以外 と

この世  とを

見て 考え 行い

『 苦しい 』

『 悲しい 』『 つらい 』

人生・ 生活と

成りやすい。

また、作りやすい。

、、、、、、、、、、

楽しいじゃん

うれしい じゃん

「 オレは つよい 」

「 わたしは いい 」

「 オレは えらい 」

「 わたしは うつくしい 」

とか、・・。

なるほど、 いいですね 。

そりゃ 。

、、、、、、、、

・ 正しい 世界観 ( せかい かん )

平等観( びょうどう かん )を、

《 無我・無常・慈悲 》観を

体得できた。

、、、、、、、、、、、、、

・ 大覚( だいかく )

大きな 悟り とは

( 仏 ・ 衆生 ・ 我 )の

区別が できなくなること。

、、、、、、、、、

平等です

ゆえに、安心・満足

全ての 人・存在に

やさしく なれる。

、、、、、、、、、、、

自分( 我 )と

み仏さま( 仏 )と

だけ、同じと 思えたら

観れたら 、

大きな 誤解で ございます。

( 大笑 )( 爆笑 )

。。。。。。。。。。

み仏さま( 仏 )

みなさま、すべて( 衆生 )

自分 ( 我 )が、

同じなんだ、

ほんとうは 同じなんだ、

本来( ほんらい )

同じなんだ と 思えたら

、、、、、、、、、

大安心 ・ 大満足

人間に 生れた 目的は

達成です。

やったー

万歳 ・ 万歳

そして ・・・・。

、、、、、、、、、、、、、

・ 補足 のつもりが

長く なりました。

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど

敬と 愛とともに

合掌・萬拝・頓首・・

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

THERE   IS   A   PATH

TO   ENLIGHTENMENT

IN   THOSE   VERY   WORDS  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

INDEED  ,

THE   WAYS   TO   ENLIGHTENMENT

ARE   UNLIMITED  .

( ここは、次回に

いたします )

( むずかしい から )( 大笑 ) 』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語、解釈、補足、説明

嵐山 残月、反省、合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、

街角にて

、、、、、、、、、、、、、、、、

いい 名前

、、、、、、、、、、、、、、、

SORRY

I   HAVE   TO   GO  OUT   NOW  .

SEE    YOU

コメント

タイトルとURLをコピーしました