TEACHING OF BUDDHA( 40-15)

『 THE  TEACHING  OF   THIS   FABLE

IS   TO  ENCOURAGE   DISCIPLES   TO

PERSEVERE   IN   THEIR   EFFORTS

AND   TO  UNDAUNTED

IN   THE  FACE   OF  MANY  SET  BACKS  .

,,,,,,,,,,,,,,,,

この お話 の 教えは、

《 努力・精進 》を 、

屈せずに やりとうそう 、

また、

臆せず めんどうがらず

《 よくない事柄 》を

遠ざけようとする、

弟子・門人・( 仏弟子 )を

元気づけ、

勇気づけ、

はげます

もので ございます 。  』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語・解釈、残月 合掌 )

・ なぜならば、

・・・・・・・ 。

つづき ます。

、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、

《 坐禅 と 写経の 仲間 》

朱印に おわれて、

写真は撮れませんでした。

25分 を 3回( 境内にて )

般若心経 二巻 ( 留学生 )

、、、、、、、、、、、、

「 写経は いくらですか ? 」

「 当然、 無料 」

、、、、、、、、、、、、

ようこそ

犬好き の お方( 中国 )

ベトナム より

、、、、、、、、、、、、

倒木 の 処理

この前の 台風により

奇跡的に トイレは 無事。

ありがたや、ありがたや、

ありがたや、、、。

大合掌

過去の 整理・整頓

大切だ ( 反省 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

急ぎます

失礼いたします

<   CIRCLE   HERE

CROSS   NOW

I   LOVE   YOU , YOU   >

JOIN   HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

・  昨夜、

《 キツネ 》を 見ました。

万歳 歓喜

コメント

タイトルとURLをコピーしました