《 無限の何か 》⑧

無限 の 何か

永遠 の 何か

不滅 の 何か

不朽 の 何か

、、、、、、、、

目に 見えず

耳に 聞こえず

鼻に 匂わず

舌に 味せず

肌に 感じない

何か

、、、、、、、、

見えるものは 見えなくなる

聞こえるものは 聞こえなくなる

匂うものは 匂わなくなる

味あるものは 味がなくなる

感じるものは 感じなくなる

全ては 変化して 消えてゆく

、、、、、、、、、、

目は 見えない

耳は 聞こえない

鼻は 匂わない

舌は 味せず

肌は 感じない

死んで しまったのか ?

( 爆笑 )

死んでは いない

( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、

つづき ます

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど、

敬と愛 と ともに

嵐山 朝霧 、合掌

、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、

美しい 紅葉を 見たい

国宝を 見て 感じたい

正倉院の 御物を 見たい

小生には

わたくしも、みなさまも、

《 無限なる 何か 》を

もとめている、と

感じます。

、、、、

先ずは、外界

そして

自分の 心である

内界に

発見しようと する

、、、、、、、、、

むずかしい

だから、ともに

ゆっくり すすみ たい。

いや、いつ 死ぬか わからない

《 悠々 と 急げ 》。

、、、、、、、、、、

『 明日 、死ぬつもりで 生きよ

いや、

今日、死ぬつもりで 観よ 。

永遠に 生きるつもりで

全てを 愛せよ、

む む、

大切に 丁寧に 全てを

小さい 世界だ

これで いい 』

、、、、、、、、、、、、、

末筆ながら よき一日で

ございますように

失礼いたします

無能 無知

厚顔 無恥

愚僧 萬拝

合掌 握手

、、、、、、、、、、、

昨日は、黒松が

医療ミスで 無くなって

2年目の 命日でした。

大合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました