TEACHING OF BUDDHA ( 40-7 )

『  THE   BLESSED   ONE

PITIED   HIM   AND   SAID

《 SRONA   MY  BOY  ,

DID   YOU  EVER   STUDY   THE  HARP

AT   YOUR   HOME  ?

、、、、、、、、、、、、、、

釈尊 ( 釈迦族 の 尊者 )

( 命と心の 真理に 気づき 体得した人 )

( つまり、宇宙の真理に 祝福された 命 )

( 大宇宙の 無限の愛の 自覚者 )は、

彼を 慈しみ 憐み 語りかけた、

《 わが 子、 シャロ―ナ よ 。

家にいるときに 、お琴を 学んでいたね 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

YOU   KNOW  THAT

A  HARP  DOES   NOT  MAKE  MUSIC

IF  THE  STRINGS   ARE   STRETCHED

TOO   TIGHT   OR  TOO  LOOSE  .

シャロ―ナ よ、

君は 知っているだろう、

お琴の 弦( げん )は 、

張りすぎても、 ゆるめすぎても

いい 音色は 生れないだろう 。

・・・・・・・・・・・・・・  』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄 日本語・解釈 、残月 合掌 )

コメント

タイトルとURLをコピーしました