TEACHING OF BUDDHA ( 28-5 )

『  IT   IS  FOUNDED   AND  BUILT   UP

OUT  OF   THE   DESIRES   OF

THE   MIND  ,  OUT   OF  ITS  SUFFERINGS

AND   STRUGGLES   INCIDENTAL

TO   THE   PAIN   CAUSED   BY   ITS

OWN   GREED  ,  ANGER  AND  FOOLISHNESS .

≪ 愁い ・ 悲しむ 心 ≫は、

《 個体 維持・拡大 》 の 我欲 、

そして

《 貪り ( むさぼり ) 》

《 怒り ( いかり ) 》

《 愚かさ ( おろかさ ) 》

から 生じる

≪ 痛み ( いたみ ) ≫に

ついて 回る、

≪ もがき ・ 苦悩 ≫に

他ならない、ので ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、

MEN   WHO   SEEK  THE  WAY   TO

ENLIGHTENMENT   SHOULD   BE  READY

TO  FIGHT   SUCH   A   MIND   TO

ATTAIN   THEIR   GOAL  .

≪ さとり・ 証 ≫を

、、、、、、、、、

≪ 我執 がしゅう 、を 克服したい ≫

≪  妄想 もうそう 、を 捨てたい ≫

( 自分にたいする

強すぎる こだわりが 嫌い )

( 自分を 捨てて

自分を 生きたい )

( 欲望に 振り回されたく ない )

(  自分だけのために 生きれない )

(  人を 大切にし やさしくありたい )

(  光を 浴びて、

身心を 清め軽くしたい )

( 人として 命をいただいた事を

神仏に 感謝したい )

(  個人としての、

宿命 ・ 業 ごう ・

定め が あるのなら、

今生 こんしょう で

解決し 解脱したい )

(  解脱し 菩提を 得て

神仏になり

一切万物を 守りたい  )

(  絶対の満足 ・ 安心が ほしい )

(  無 だ、絶対無 を )

・・・・・・・・・・・

などを

、、、、、、、、、、、、、

探し 求めて いるのであれば、

自分自身の 心 が

作り出す

自分自身の 心 に

負けないよう、

戦えるよう、

絶えず・いつも、

その覚悟で

その用意で

いなくては ならない

ので ございます 。   」

(  仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄 日本語 解釈、 残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

・  「  絶対 が ほしい 」

「  え 」

「  永遠 が ほしい 」

「  え  」

「  無限 が ほしい 」

「  え  」

「  欲が 強い

強欲 だぞ 」

「  道 が ほしい 」

「  貪欲 か ? 」

「  それで、 いい 」

、、、、、、、、、、、、、、

「  仏 が みたい 」( 大笑 )

「  神 が みたい 」( 大笑 )

「  みたい 人だけが

人に なれる  」( 爆笑 )

大合掌

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

右端 、京都タワー

もう数年で、見えなくなるでしょう

なぜ ?

樹木の 散髪を しないから

どなたの ?

国民の ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

梵文、般若心経

友人の 作

( 平成 15年 1月 )

合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

瑠璃堂 ( 禅堂 )にて

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

つづき  ます

今日中に ( 微笑 )

コメント