TEACHING OF BUDDHA ( 28-2 )

『  THOSE   WHO   SEEK   THE   TRUE  PATH

TO  ENLIGHTENMENT   MUST  NOT  EXPECT

ANY  OFFER  OF  RESPECT  ,   HONOR

OR  DEVOTION  .

≪ さとり ≫

《  絶対 の 安心 ・ 絶対 の 満足 》

《  この世 ・ この身心 の 光  》

を 体験・体得する

本当の 道 《 方法 ・ 手順 ・ 段階 》を

求め 探している人は、

《 尊敬 ・ 名誉 ・ 供養( 帰依信頼 )》を

受け頂く事が、 目的でなく

期待しては ならない 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

AND   FURTHER  ,   THEY  MUST   NOT

AIM   WITH  A  SLIGHT  EFFORT  ,

AT  A  TRIFLING   ADVANCE   IN

CALMNESS  OR   KNOWLEDGE   OR

INSIGHT  .

また 、 わずかな 努力・精進 や、

取るに足らない・ わずかな ・ 多少の

《 心の 静寂・安定 》

《 知識 ・ 認識 ・ 学識 》

( ちしき ・ にんしき ・ がくしき )

《 観て 判断すること 》 が、

目的では ない 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

FIRST   OF  ALL  ,

ONE   SHOULD   GET  CLEARLY

IN   MIND  THE  BASIC   AND

ESSENTIAL  NATURE   OF

THIS  WORLD   OF  《 LIFE  AND  DEATH  》 .

まず 最初は

この世 ( 自然界 ・ 生物世界 )において

《 生きること ・ 死ぬこと 》 の

基本的で 本質的な 《 ありよう ・ ありさま 》を

明白に 、ごまかさずに 、

《 自分の心 》に

キャッチ ・ 受け入れなければ

ならない 。  」

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語は、残月 反省  )

・  私たち 人間は

きちんと 受け入れて無く 、

≪  自分は 死なない  ≫( 大笑 )と

思っているかも しれません。 ( 爆笑 )

だから、

≪ 自分 の 危機 ≫

≪ 自分は やはり、死亡するかも ? ≫に

直面して、

初めて 、始る ことなることも

多いです。

、、、、、、、、、、、、、、

この ≪ 危機 の 意識 ≫の 大切さ

≪ 危機( きき ) ≫と 感じる

心 の 大切さは、

語るまでもございませんが、

忘れやすい 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

だから、どうしたら いいのか?

ここからが、大切です。

つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

GOOD  MORNING

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

お世話になりました

( 大感謝 )

、、、、、、、、、、、、、、、、

GOOD   AFTERNOON

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

JOIN   OUR   HANDS   TOGETHER

[    JUST   NOW

I   THINK   ABOUT

OUR   THE   WORLD .

NEVER   GIVE   UP

HOPE   AND  PEACE  ]

[    THE   MOUNTAIN   IS

THE   OCEAN  ,

HOT   IS  COLD  .

THIS  IS   TRUE  HEART

OF  HUMAN   BEING  .

VERY   GENTLE,

VERY    STRONG  .    ]

ENLIGHTENMENT    WITH   YOU

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU  ,   YOU   >

on   mt.arashiyama

by   a   small   monk

see   you    ♪    ♪♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました