TEACHING OF BUDDHA ( 27-7 )

『  FOR   THE  SAKE  OF   ATTAINING

ENLIGHTENMENT  ,

ONE   SHOULD   TRY   TO  ACCOMPLISH

THE   IMPOSSIBLE    AND

ONE   SHOULD   ENDURE

THE   UNENDURABLE  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

≪ さとり ≫( 絶対の 安心 )

( 絶対の 満足 )を 、体得するためには

困難なことを 成し遂げ、

耐えがたい 事にも 、

耐えなくては ならない。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

BUT

ONE   MUST  NOT  DO   THESE   THINGS

FOR   ANY   ULTERIOR  PURPOSE  .

ONE   SHOULD  DO   THEM   BECAUSE

IT  IS   THE   WISE   THING ,

THE  RIGHT  THING   ,   TO  DO  .

しかし 、

このことは、 はるか遠くの 目的であり、

 

わたしたちは、 < 賢いことである  >

< 正しい ことである >こと から

成すのである ( 考えるのである ) 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ONE   SHOULD   DO   THEM

OUT   OF   A   SPIRIT   OF   COMPASSION   ,

AS   A  MOTHER   DOES   THINGS   FOR

HER   LITTLE   CHILD  ,   FOR   HER  SICK

CHILD  ,  WITH  NO   THOUGHT   OF   HER

OWN   STRENGTH   OR   COMFORT  .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

わたしたちは、 慈悲の心 が

あるから 人に やさしいのではなく 、

そう 成したいから なすのである 、

 

母親が 、自分のため と

思いもせず 、幼き子どもに 、

病んだ子どもに、 自然と 尽くす

ような ことである 。    』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語は 残月  )

・   なんだか、 むずかしいです

自然と < よき事 >が

できるように なりたいもので

ございます。

< 達成感 ・ 忍耐  >という

「 言葉・ 概念 」 と 関係が無く、

また

< 与えても、あたえた 意識 >

が無い、生じ無い 。

・  爆笑

そんな バカ な

・  疲れました ( 微笑 )

失礼 いたします。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

はじめまして 、 お名前は ?

トイレ 付近 ( 裏門 )

渓谷 と 砂防ダム

嵯峨野 広沢池

付近を 彷徨( ほうこう )し、

最後に 亀山公園から

見えた 山寺に

行ってみようと

思ったそうです。

初対面の 時、

愚僧は 、牡鹿の

頭蓋骨を 手にしてたそうです。

なんと 、、まあ 、、

(  爆笑  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

SORRY

I  HAVE   TO  GO  OUT  ,   SOON

SEE   YOU.

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU  , YOU   >

コメント

タイトルとURLをコピーしました