TEACHING OF BUDDHA ( 26-7 )

『  SUPPOSE   A  MAN   GOES  TO  THE

FOREST   TO  GET  SOME   OF  THE

PITH   THAT   GROWS  IN   THE  CENTER   OF

A   TREE   AND   RETURNS   WITH  A  BURDEN

OF  BRANCHES   AND   LEAVES  ,

THINKING   THAT   HE   HAS  SECURED

WHAT   HE  WENT   AFTER   ,

WOULD   HE  NOT  BE   FOOLISH  ,

IF  HE   IS   SATISFIED   WITH   THE   BARK  ,

WOOD   FOR   THE   PITH

WHICH   HE   WAS  AFTER   ?

BUT   THAT   IS  WHAT   MANY  PEOPLE

ARE   DOING  .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

また、ある人が 木の< 芯( しん ) >を

求めて 森林に入って行った、

< 枝( えだ ) >や< 葉( は ) >を

得て < 芯( しん ) >を 得たと

思うならば 、 まことに

≪ 愚かなこと ≫である。

、、、、、、、、、、、、、

私たちは、 樹木の < 芯( しん ) >を

ほんとうは 求めていながら、

< 樹皮( じゅひ ) >で

満足してしまう 事を

よく行っている 。  」

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語、 残月 合掌  )

・  前回

《 心 の 鍛錬 》

《 心 の 制御 》

という 言葉が でました。

しっつかり、丁寧に

考えて 納得してから、

ともに 実践したいと 存じます。

自分自身で 考えて下さい

他の考えを 耳に入れる前に

自分で 思考してください

でなければ、 批判だけの

《 精神 》に 成ります

学べなくなります。

お互いに、

御用心 、ごようじん 、

あせらない、みえをはらない、

かざらないこと、

自分に 誠実

人に 誠実

誠実とは ? ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

読経 ( 40分 )

禅定 ( 20分 )

途中、 雷雨 なり

曹洞宗の 和尚さま 御夫婦

赤坂 豊川稲荷

京都 で 御隠居  ( 合掌 )

いつも、ありがとうございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ようこそ

「 哲学より 実践です 」

( なるほど )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました