質問箱 その 5

『  ある所に 行きました。

君は、君の家は

《 徳 》が 切れてる、

《 徳 》( とく )が

不足している、と。

どういう事でしょうか ?  』

、、、、、、、、、、、、、、、

《 徳 》とは、何か ?

文字から、考えます。

ま《 直 》ぐな 《 心 》で

《 行く 》 ( 生活 する )事。

 

《 直 》とは、

< 十 >( まじない )

< 目 >であり、

「 まっすぐ 見つめる 」

「 まっすぐ である 」

 

素直( すなお )に

物・ 事・ 人・ 言・ 命 ・・・

を、受け・感じ・触れ・見て ・・・・

生活し 生きて行く こと 。

 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

わたしたちは、 なかなか、

素直に 生きていけない

全てを、

「 ま直ぐでなく 、

《 曲げて 》( まげて ) 」

感じ、受け、触れ、見て、

反応して

しまいがち でございます。

 

すると、

《 徳 》ある、生き方・生活が

できなく なります。

すると、

わたしたちは、どのように

成って 行くのでしょうか ?

 

つまり

物 ・ 事 ・ 人 ・ 言 ・ 命 ・・・・を

「 曲げて 」 感じ・受け・触れ・見て

・聞いて・・・・・・

反応していたら

どのような 人間に なるのでしょう

どのような 生活・家庭・

仕事・地域・・・

に、なっていくのででしょうか ?

 

つづき  ます

まさに 駄弁・饒舌・蛇足、多謝

されど 敬と愛と ともに

嵐山  残月  、合掌

 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

保津川下り の 父

角倉 了以翁

この道、30年の大達人

桜の木で 作られた櫓( ろ )

ありがとうございました。

よろしく お願い申し上げます。

大合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

雲の上

青きお空に  月一つ

われらが そばに

いつも あるなり

< 合掌 >

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

末筆ながら

よき一日で ございますように

無能  無知

厚顔  無恥

愚僧  萬拝

≪ CIRCLE    HERE

CROSS     NOW

I    LOVE    YOU    ≫

SEE    YOU    AGAIN

コメント

タイトルとURLをコピーしました