質問箱 その4

『  どんな 親

どんな 家に

生れたのかで、

人生は 決まる。

オレは、 不幸だ。 』

、、、、、、、、、、、、、、、、

バカ な 事を

言っては ならない。

そう、思うことが たとえ

あったとしても、

言葉にしては ならない ( 微笑 )

まけるな

負けては ならない

< オレ >( おのれ・己 )の人生は

自分で 、切り開くのだ 。

その 道具を 持てない

道具を 作れ

作れない

学べ( まねろ )

まねする ことが できない

あたまを 下げろ

けられたら ?

たえろ

人生を 自分を 捨てるな

たえる ?

遠くを 見る 。

、、、、、、、、、、、、

以前 《 24時間、全介護 》の

若者と お会いした。

力づよく 生きてられた。

『 これが 、最後の人生・ 転生です。

もう、生れて来ない 。』 と。

なんと 。

今生で、解脱( げだつ )すると

いうことだ 。

解脱 ?

悲しみ・苦しみ・喜び・楽しみに

振り回されない 《 自分 》を

知ること ( 自覚 )。

そのために、

おのおの 苦悩( 人生・体験 )・歓喜が

ある。

、、、、、、、、、、、、、、、

《 真空 》の 体得( 自覚 )こそが

個人の 人生の目的( 意義・意味 )

である。

そして、

自他を のりこえ 、

慈悲・ やさしさ・ 人々のために

生きる。

日常生活( 学校・家庭・職場・国家・世界・・)を

通して。

出家・ 超俗 の 修行も ありますが・・。

一時の 出家は 重要かもしれません。

 

《 家 は、 最善である 。

家 は、 最悪である( 大笑 ) 》

 

「 出家 」「 出 学校 」

「 出 職場 」 「 出 日常 」

「 出 自分 」 ( 大笑 )

・ 休暇、娯楽、遊戯

そして、旅行など

しかし、修行が

つまり、《 無我 》の

練習が 、格安( 大笑 )で、

確かである。

 

饒舌・蛇足・駄弁、多謝

敬と愛とともに

嵐山 残月、 合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

『 保津川下り の 父 』

角倉 了以翁 像

10日(金) 10時半

年に一度の

川下りを なさります。

嵐山 着、12時ころ

いつのに日か

《 祭り 》にいたします。

10年以内に 。( 大笑 )( おそい )

亀岡、王子 《 意泉院 》

引きこもりの子・若者を

おあずかり なさられてます。

江戸時代の 了以翁は、こちらです。

若者ふたりが、一日中、

《 大悲閣・千光寺 》を 護って

くれてました。( 合掌 )

17歳の 描きし 仏画

階段の修理が

だいぶ 進みました。

『  わたしたちが、

消えた後( 死んだ後 )、

だれかが、

喜んでくれる

でしょう 。

ともに、ガンバリましょう、

感謝いたします。 』( 大合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

失礼いたします

末筆ながら よき一日で

ございますように。

無能  無知

厚顔  無恥

愚僧  萬拝

 

 

 

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました